見出し画像

活動日誌

ここ最近の日記をランダムに。初めてなので文字数多めですが、軽い読み物としてどうぞ。タイトルのイラストは山田純子さんです。以下はおもな見出し。
七打八打する
新たな活動拠点を
峰村リツ子の本棚
anzu to momo
無銭でユッカ

ーーー
先日、電車で店に向かっているとき、かたわらに3歳くらいの、ちょっと手に負えないくらいぐずっている子供がいた。まさに絵に描いたような「ジタバタ」である。ものすごいジタバタだ。これぞジタバタの権化だよ。

そして思ったのだが、このジタバタしている動作に最初に「ジタバタ」というオノマトペをあてた人、天才じゃね? まったくジタバタ以外のなにものでもないもん。そうしたら、ツイッターのフォロワーさんから、どうやら「七打八打」が「ジタバタ」の語源であるらしいとの情報を教えていただいた。へぇ〜

なるほど、そういえば「七転八倒」とか「七転び八起き」とか「七」と「八」がつく表現にはメチャメチャな感じがあるよなと思ったのだが、「七泊八日」にはむしろゆったりとした感じがするのでそうでもないかもしれない。
ーーー

じつは来年早々をめどに新たな活動の拠点となりうるような場所を見つけたいと考えているのだが、まあ、自宅兼事務所として使えるマンションの1室を借りるくらいなイメージでいたところ、突然これから自分たちがやりたいことを実験するのに理想的と言っていいスペースの募集と遭遇してしまい、一気にテンションが上がって急きょ内見に行ってきた。

この続きをみるには

この続き:2,669文字/画像2枚
記事を購入する

活動日誌

岩間 洋介(Moi)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
17

岩間 洋介(Moi)

2002年より2019年まで北欧フィンランドをコンセプトとするカフェ「moi」を経営していました。渋谷のBunkamura→荻窪、吉祥寺でのカフェ経営を経て、日本とフィンランドとをつなぎつつ自由な発想による〝居場所づくり〟を構想中。http://www.moicafe.com

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮ら...

コメント2件

板橋区立美術館のコピーを「これはどうかな」と考えた方も、「これにしょう」と言った方々も、とてもいいなぁ。
わ、わたしも他の人の本棚は興味深くみてしまいますが、これは如何なる?
コンペ、がんばってください。
また半年後くらいにコピーを確認してみます。(定点観測)
本棚もそうですが、他人のiPodのプレイリストも気になるので、ちゃんと最近のサブスクではプレイリストが公開されているのが嬉しいです。
コンペだよ全員集合!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。