見出し画像

中学生ゲイ(14歳)が、53歳既婚者の教師に惚れて迷走しまくってた話④


中学生ゲイ(14歳)が、53歳既婚者の教師に惚れて迷走しまくってた話

https://note.mu/motigi194/n/nb5f1421883a8


https://note.mu/motigi194/n/nc23deade9fa8


https://note.mu/motigi194/n/n44fa39ead857




「もちぎ、隣町のファミレス行こう。みんなで打ち上げするぞ」


卒業式終わり。あたいが公園でボーッとしてると、同じクラスだった友達が、手に持つ卒業証書が入った筒であたいの頭を小突きつつ、そう声をかけてくれた。


「僕はいいや。お金もないし、なんか行きたくないねん」

「え〜……そっか。じゃ今度さ、高校上がる前にみんなで野球するから、それは来てよ」

代替案を出してくれる友達。とっても気を使って貰ってたのに、なんだかあたいは心が荒んでいて生返事しかできなかった。

「てか誰か待ってんの? ここ蛇とか出るし、何もないから暇つぶしできないじゃん。市民会館の方に行けばいいのに。貸し勉強室もさすがに今日は空いてると思うよ」

あたいはその言葉で、ハッとした。

なんだかんだ言ってあたいは先生をまた待ってるんだ。

顔を見るたび、いまや背けたくなるくらい、後ろめたくて悲しい気分になる先生に。

最後になにか話してスッキリしたいんだ。その何かすら、当時のあたいには分からなかったけど。

この続きをみるには

この続き:2,799文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

⑤あたいがゲイ風俗のベテランとして働いてた時と、中学の初恋の迷走期と高校時代の友達の話です。このマガジンからでも読み進められる単発モノ...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

今ならあたいの投げキッス付きよ👄

あたいもすきよ👄
945

もちぎ

I’m Motigi. ゲイ風俗である売り専(ウリセン)という業界で色々やってきた人。ゲイバーの話も書いてます。 ■ブログは基本的にはどこから読んでも大丈夫なようになってます。一つ一つのタイトルテーマで完結してます。

ウリセン編5ベテラン期と過去編(学生時代)

⑤あたいがゲイ風俗のベテランとして働いてた時と、中学の初恋の迷走期と高校時代の友達の話です。このマガジンからでも読み進められる単発モノばかりです。未収録コラムとマンガもあります。
1つ のマガジンに含まれています

コメント7件

迷走だったかもしれないけど、必要なことだったんだろうと感じます。
自分と相手との気持ちの差を理解して、距離を保ち、そのままの関係性でいられるようになったのではないのかなーと思いました。何様目線だって感じですが。
今回の場合だと、自分の欲しい愛は満たされないが、先生からの師弟愛は得続けられるだろうと思います。

過去の行動に対する丁寧な描写と考察があって、とても感情移入しました。まるでそこにいるみたいで。
リアルな経験を知れてうれしいです。また羨ましいです。ありがとうございます。
深い自己分析されてますね…
状況は違いましたが、父性に関して思うことがあったのでものすごく感情移入しました。
電車だったのに、最後は涙がでてしまってたいへんでした!笑
一歩大人の階段を登ったもちぎさんと温かく見守ってる先生の愛に感動🥺
泣きました😢

冷静な分析と丁寧な描写で、まるで、もちぎさんと一緒に同じ経験をしたような錯覚を覚えるほどのリアルさが伝わってきて、表現力もすごいなぁと思いました。

家庭環境で苦労もされてるけど、お姉さんやクラスメイトや先生達も恵まれてて羨ましいです。

とても切なくて素敵な青春の1ページを見せてくれて、ありがとうございますm(_ _)m
泣いたわ、ええ話や
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。