【NDIの最新情報】SDI/HDMIからNDI等、対応機器やグラフィックツールの対応状況まとめ

無料の記事で「ゲームやPC画面のキャプチャからビデオ編集まで無料!Youtube公開までを一気にレクチャー!」をアップしましたが、NDIの対応状況をさらに詳しく!

このノートは有料設定です。

NDIとは

Network Device Interface(NDI)はNewTekが開発したロイヤリティフリーのソフトウェア規格で、放送品質のビデオを高品質、低遅延で通信して配信し、受信できます。

NDIはロイヤリティフリーで誰でも利用でき、Windows、Linux、macOS用のSDKがあります。 NDIはiOS、Android、Raspberry Pi、FPGAにも移植されています。

ギガビットネットワーク上で動作するように設計され、NDIコーデックではVBRデータレートで1080i HDビデオの配信を想定しています。

mDNS(Bonjour / Zeroconf)の機能を使用して受信デバイスがLAN上のソースを自動的に検出します。ホスト上の任意のポート範囲から選択したTCPポートを使用します。

 NDI 3.xではTCPの代わりにUDPマルチキャストやFEC付きのユニキャストを使用するオプションがありリンクアグリゲーションなしで複数のギガビットNIC間でストリームを負荷分散できます。

NDIはビデオ、マルチチャネル非圧縮オーディオおよびメタデータを伝送します。メタデータは双方向に送信でき、送信者と受信者はXML形式の任意のメタデータと接続しメッセージをやり取りできます。

他のプロトコルとの比較

プロのビデオ制作で使用されるIPビデオプロトコルはSMPTE 2022、SMPTE 2110などがあります。

この続きをみるには

この続き:6,359文字/画像8枚
記事を購入する

【NDIの最新情報】SDI/HDMIからNDI等、対応機器やグラフィックツールの対応状況まとめ

motionworks

350円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
3

motionworks

motionworks notes

DaVinci Resolveなどオンライン編集/グレーディング/デジタル シネマ/デジタルビデオなどに関するデジタルマガジン。サイトアクセスキーも付くお得なマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。