ISO3200で撮影した世界遺産の街、ロシア・スーズダリにある教会内のフレスコ画。写真を現像しているときに気づいたこと。ノイズ処理をすると、フレスコ画がボケる。特に顔がボケて見えると写真として見栄えが悪くなるので、ノイズは残っていても適度なシャープネスだけをかけた方がいい。
画像1

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

NAMIKAWA

世界を撮ってやる
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録