共感の鍵が開いたあとの話

一人も好きだけど、人と喋るのも好き。


人がどういう風に感じるのか、どう思っているのか、ふだん見えないところを話すとき、鍵がちょっとだけ開く。

それが初対面で開く人もいれば、絶対わかりあえないだろうなぁと感じる人もいる。

私は、いつも聞き役が多いので色んなことに共感するのだけど、共感できない部分ばかりだとやっぱりわかりあえない。

しかし、それはしょうがないと思っている。

自分の考えと相手の考えは同じではないからだ。


しょうがないとは思っているのに、共感できる人との時間のほうが圧倒的に心地がいい。

自分の感じた違和感について共感してくれたり、解釈したことを共有したり、さまざまなことについて談義する。

同じようなことをずっと喋りつづけてしまう。

ああでもない、こうでもない。

でも、それってどうなの?

じゃあ、それでいいんじゃん?

結局、別に誰も正解なんか求めていなくて、ただただ喋って聞いている。



何が言いたいかって、「昨日はたくさんカフェに行ってたくさん喋って楽しかった」という話。

私の場合、カフェや喫茶店で働いていたことがあるというと、人々はカフェに詳しいと思うらしい。

実際は、まったく詳しくない。

一人行動をすることが多いので、あまり開拓をしないのだ。

同じところに三年も住んでいるのに、意外と周りのおいしいお店を知らないし、はりきって探そうとも思わなかった。

おすすめのところを聞かれても、答えられない。


「私はふだんこの街で何をしているんだろう?」


そんな風に感じながら、はじめて行ったカフェにわくわくする。


カフェって一人で行くのも楽しいけど、誰かと行くのも楽しいものだ。

おいしいものを共感しあえる時間。

共感しあえたら、今度は自分の行きつけにしちゃおうかな。なんて考える。


本音をいえば、家の近くにモーニングとランチをやっていて、コーヒーもチャイラテも紅茶もあって、野菜が食べれて、Wi-Fiと電源があるカフェができてほしい。

どうかよろしくおねがいします。

Photo&Text nanamedori

▼昨日行ったカフェたちはこちら

メルシーベイク

いちびこ

コーヒーライツ

ーーーーーーーーーー

ゆったりとした朝にほっとする文章を。

そんなテーマで書いている朝の読み物がこの「パンとコーヒー」です。複数のメンバーで運営しています。

「パンとコーヒー」一覧はこちら

ーーーーーーーーーーー

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ナナメドリです。ブログを書いてる人です。支援していただけたら、たくさん文章を書くことに使わせていただきます。

わーい!ありがとうございます(^^)!
11

ナナメドリ

パンとコーヒー

ゆったりとした朝にほっとする文章を。16人のライターで書いてるエッセイ集です。更新もゆるいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。