なにもない、という贅沢のはなし

今日、なにもない、場所に行った。
空と陸が、つながっていて。微生物を感じて、そして雲に祈った。

大変な衝撃、というか。
なにもないことへの憧れったら相当なものだと思い出した。
そもそも、ここには、なにもない。
そうした場所を死ぬ場所として選んで、孤独感に苛まれる日々を脱出するための今だったことを、わたしはきっちりと、思い出したのだ。

わたしにはもう、そりゃあもう、なにもない。
キャリアも、お金も、知名度も、時間も。なにもない。
あるのはただただ幸福だということだけだ。
そうしてなにもない現実を、まわりくどくもなくただストレートに、ただただしあわせだといえる、自分を尊敬しているくらいなものだ。

お金がありすぎること
時間がありすぎること
ひとが多すぎること
選択肢が多すぎること

どれひとつとして幸福に直結しないことを知って、わたしがえらんだことは、なにもない、が最も幸福なのであるということだったんだった。

そうしてここは。恵那山麓は、住民の誰もが「なにもない」という場所だった。わたしはそこが、幸福の宝庫のように見える。
みんながあるといっているものは、方向として消えて行くし、枯渇する。
奪い合って、憎しみあって、散って行く。そういうもの。

でもここはなんにも、ほんとうになんにもないんだもの。
「在る」を見つける度、幸福になれるのは、そんな場所なんだ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

please your support.

Love you♡
5

小池 菜摘

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。