切羽詰まっていると思いきや、ただ遊んでいるだけの赤シャツ

 2010年5月17日、赤シャツ最後の日まで後2日。陸軍の包囲網が狭まり、ラーチャプラソン交差点一帯は政府によって電気が切られ、集会場は自家発電機で照明を維持していた。携帯電話には、ラーチャプラソン界隈の端末に限定されているのだろう、平和維持本部(CRES)からの、「速やかに退去するように」との警告文がSMSとして配信されてくる。赤シャツも、「もうダメだろう」と思っているに違いない……。ところが、赤シャツのみんなはセントラルワールド前でビールビンを立てて遊んでいた……。

 緊迫したニュースが刻々と伝えられる中、女性はせっせと炊き出し、若い女の子と(日本ではLGBTと呼ぶのだろうか、いわゆる)オカマが棒を持ってニコニコと警備、シーロム交差点側では散発する銃撃戦を物見遊山、警戒に飽きてしまったのかバリケードに人影はなく……、みんな余裕をかましていた。

ビールビンを立てて遊んでいる赤シャツ

この続きをみるには

この続き:1,086文字/画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

継続有料マガジン”間違いだらけの解説 タイ暴動「真実の現場」”の単体有料マガジンへの移行です。 日本では「民主化運動」や「民主主義V...

または、記事単体で購入する

切羽詰まっていると思いきや、ただ遊んでいるだけの赤シャツ

masayuki saito

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

masayuki saito

間違いだらけの解説 「タイ暴動の真実」

継続有料マガジン”間違いだらけの解説 タイ暴動「真実の現場」”の単体有料マガジンへの移行です。 日本では「民主化運動」や「民主主義VS権威主義」と評されるタイの政情不安。2005年末に始まった反政府運動は、クーデターの呼び水となり、多数の死傷者を出す暴動に発展し、現在も続...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。