見出し画像

過去形

最近、また昔の夢をたびたび見るようになった。高校生とかそこら辺の。
2年ほど前によく見ていた夢。あの子の夢だ。

夢といっても、非現実的な事が起こったり、妄想の夢ではない。
全部、あの頃、確かに体験した思い出達。
時系列順に見るわけではなくて、ランダムに高1の夢を見たり、高3の夢を見たりする。

初めて都会にでかけた時の夢、奈良に出かけたとき、春なのに僕らが行った日だけバカみたいに寒くて、二人で笑ったときの夢、学校の帰り、あの子の自転車がパンクして、押しながら自転車屋に向かったときの夢、最初で最後の旅行、夜、今まで見たことないほどの、悲しそうな顔をしていたときの夢。
いろんな思い出の夢。

最近はめっきり見なくなっていたこの夢を見るようになったのは、きっと、LINEの「最近更新されたプロフィール」にあの子が出てきたからだろう。

ほのかに地毛が茶色くて、真面目で、僕の話をいつも肯定して聞いてくれていた、本当に清楚って言葉がよく似合う子だった。

そんな子が、更新されたプロフィールの写真では、髪の毛が少し赤茶色になって、目にはバッチリカラコンが入っていた。

あぁ、そうだよな。もう俺ら大人だもんな。それくらいするよな。

でもちょっぴり嬉しくもあった。
これは慢心でもなんでもなく、あの頃は「この子は僕がいなくなったらどうするんだろう」ってくらいに、僕にゾッコンだったから。

ちゃんと自分の人生を生きてるんだ、よかった。そう思った。
反面、僕はあの頃とちっとも変わっていない。側だけ取り繕って、中身はずっとあの頃のままだ。

僕だけずっと、同じ場所にいる。

最近、そんなことをずっと思っている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

社会人になれない。

もう無理でしょうか。そんなことないのでしょうか。わかりません。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。