スライド10

アゲリシャスなキウイブラザーズを生んだのは2児の母だった

「次の日経を考えるチーム」では記事連載企画「U40の匠」をはじめました。活躍する若手社会人の働きぶりに迫ります。ぜひ読んで感想を聞かせてくださいね。
今回は「キウイをスターにした女」ゼスプリの猪股可奈子さんです。

もしあなたの会社が「好調」だったら、もっとチャレンジするだろうか。その状況に安住してしまわないだろうか。ゼスプリインターナショナルジャパンのマーケティング部長、猪股可奈子の場合は前者を選んだ。そして大ヒットキャラクター「キウイブラザーズ」を生みだす。

「U40の匠」とは 各界で活躍する40歳未満(Under40)の若手社会人を「匠」(たくみ)と位置づけ、彼らが残してきた足跡に迫る連載企画です。

スライド1

「キウイは酸っぱい」とリンゴやバナナにからかわれたキウイが涙を流す。2016年に誕生した「キウイブラザーズ」のテレビCMの一幕だ。驚くことに、猪股がゼスプリに入社した15年当時は、会社の認識は全く異なっていた。「世の中の人は皆キウイ好きだよね」が社内の常識だったという。

スライド18

日本人の果物消費量が減少傾向にある中、実は国内のキウイ市場はほぼずっと右肩上がり。しかもゼスプリは高いシェアを誇っている。その現状に不満を抱えている社員はいないようだったが、猪股の考えは違った。「伸びしろたくさんあるじゃん」

スライド3

入社して最も違和感を感じた点は、会社で消費者の観点から話している人がいないことだった。ゼスプリは株主全員がニュージーランドのキウイ生産者。社員にとってもキウイは「神様」のような存在だ。会議で「消費者にキウイはどう思われているんですか」と発言すると不思議な顔をされたという。

スライド4

「キウイのことなんて消費者はそんなに考えてないですよ」。猪股はここに切り込む。当時、社内では日本市場は年間販売量2000万トレー(1トレーは約3.5キロ)には届かないとみられていたが、猪股は「まだいける」と踏んでいた。そのためには会社に消費者を理解してもらう必要があった。

ほぼ一人で消費者調査を始め、「日本でキウイを年1回以上購入している人は全体の半分以下」などの「証拠」を積み重ねた。社内理解を得ながら、ステージを消費者とのコミュニケーション戦略へと移していった。

スライド15

調査を重ね、キウイは世間から「見た目が地味」や「何で食べないといけないかわからない」「酸っぱい」などとみられていることも明らかにしていく。芸能人を起用したCMを長年放映し知名度は上がったが、キウイ自体のおいしさや栄養はあまり伝わっていなかったのだ。

スライド6

「消費者の印象に残ってるのは芸能人ばかり。コミュニケーションの中心にキウイ自体を据えるべきでは」。半年弱、社内で消費者理解の啓発活動を続けながら、ようやくキャラクターでキウイの魅力を伝える構想にたどり着いた。

スライド8

400以上のキャラクターをチームで研究し、キウイを主役にするならどういう見せ方が最適か考えた。「大人にも子供にも愛される」「中身が見える」など、調査結果からポイントを定めた。キャラの候補はいくつかあったが、「キウイブラザーズ」がチーム内では満場一致で選ばれる。

スライド9

最大の壁はここからだった。「今まで一流の芸能人を起用していたのにキャラクター?」外国人上司の理解はなかなか得られなかった。猪股は日本の「カワイイ文化」についてや、消費者調査の結果でもブラザーズの評価が良いことなどを多方面に説明、ようやく説得にこぎつける。

上司の心配をよそに、ブラザーズはたちまち人気者となる。人気は海を越え、韓国やオランダ、ドイツでも採用されるなど異例ずくめだ。18年度の販売量は、過去最高の約2800万トレーとなった。

スライド16

目覚ましい成果を上げても、猪股はいたって冷静だ。これ以上急激な成長は逆によくないと考え、「持続可能な成長」を探る。農業という自然をコントロールできないビジネスの場合、急激な成長にはリスクも伴うからだ。「持続可能性」はチームのマネジメントにも表れている。常に「7割の力で仕事をするように」呼びかけており、なるべく残業はさせない。

スライド11

一方、部下の水谷かやのによると猪股自身は、「いつ寝ているのかわからないほどのスーパーウーマン」だ。その原動力は「常に現状に満足しない」こと。「世の中が変わっているのに同じことをやっていても仕方ない」という。実はもうすぐ産休に入り3児の子育てが待っているが、「仕事はどこでもできますよ」とさらりと話す。このあたりがスーパーウーマンのゆえんだろう。

スライド12

「U40の匠」探してます
あなたの周りにおすすめの匠がいれば、取材班のTwitter(@nikkei_jisedai
まで情報をお寄せください。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

これからもがんばります!
13

次の日経を考えるチーム

日本経済新聞社で新規事業をつくるチームの公式アカウントです。先行きが不透明な時代で若手社会人のみなさまと共に考え動きます。”新聞”とはちょっと違った観点で、業務課題やその解決法をお届けします。

次の日経を考えるチーム コンテンツ集

次の日経を考えるチームのコンテンツ集です。どんどん追加していく予定ですので、楽しみにしていてください。

コメント1件

世の中が変わっているのに
同じことをしていても仕方ない
その通りだと思います。
現状維持からは何も生まれてこないですもんね。つねに動いて
目標を定めていくこと。
満足せず甘んじず。
私も努力し続けよう…
高い目標掲げて走ります!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。