育休二週間経って感じたこと

ざっとこの二週間半くらいで思ったことをまとめていきます。

①子どもの順応力ってすごい

②地域に感謝

③他の家庭はどうやってるの?

まとめ

①子どもの順応力ってすごい

歳の近い兄にとって弟の出産は、母親と会えない日が初めて発生したり、得体の知れない物体が急に現れ、自分の親や親戚に抱っこされている、というなかなか理解し難い状況なのかと推測します。

実際うちの長男も退院してくると、

もっとみる

7・10 納豆の日

一は食事について、別に誰がどんな食べ方をしようと気にしない質だった。
味覚など違うのが当然であるし、そうでなければこの世に嫌いな食べ物などという概念は存在しないはずである。
これだけの物が世の中にはあるのだ。
好きな物を選んで食べればよい。
嫌いな物も、きっと誰かの好きな物なのだから、それはそちらに任せれば良く、逆もまた然りである。

障子のはられた格子戸の向こうから射す陽は、今にも消

もっとみる

兄と弟(テと手)

わたしの ては、
たくさんのことが できます。
なかでも、いちばん すてきなのは、
わたしの ては、ほかのひとの てを
にぎれる ということ。
ジーン・ホルゼンターラー「わたしのて」

かなしければ
抱きしめてもらおうとひらき、
うれしければ、
拍子うち、舞いおどり、
怒りは、そのいきおい、
そのとんがりのまま、とんできて、
楽しさはぜんぶ、
ちいさなその手につかんだものから
生まれてくる。
その

もっとみる

信用や信頼は何よりも生きていくうえで大事:「利害関係のない人間関係」

信用や信頼。

これを僕は一番大事にしています。

だから、ほかの方のnoteにも書いてあったのですが、

「打算的な人間関係」はよくないということに気づきました。

打算的な人間関係は、近寄ってくる人の態度で僕はすぐにわかります。

だまされることもありますが。

僕は少なくとも、利害関係のない信用と信頼で対人関係を作っていきたいです。

策略童話 桃から産まれた鬼

サブタイトル「復讐の鬼」

※(・ω・)/「無料公開中」

序章「桃から産まれる鬼」

ナレーター
「昔々あるいは最近最近ある島に鬼が住んでいました」
「この鬼はそこら辺にいる普通の鬼とは少し違う特殊な鬼でした」
「なんと今までに童話の世界で桃太郎に敗れた鬼達の記憶を引き継いでいるのです」

――鬼ヶ島

「俺は童話の世界で数え切れないほど桃太郎に負けて来た」
「だが今度こそ桃太郎を倒す」
「こ

もっとみる

萬平ホテルのある一日

【劣等感は雪の軽井沢にとけて編】

びーとるず好きの本田キョンは売れないミュージシャン。茶川賞作家である弟の本田テツを名乗り、びーとるずのじょん・れのんも宿泊した軽井沢の萬平ホテルに出掛けることになる――

※短編シナリオです。バナーイラストは二階堂ちはる様に制作いただきました。

◆人物
本田キョン(27)ミュージシャン
本田テツ(27)キョンの一卵性双生児の弟。作家
三条菜月(25)美女
山上

もっとみる

僕がマルチ商法を始めた理由

僕には兄がいます。

兄はスポーツも万能、勉強もすごいできて、今は外資系のIT企業でバリバリ働いています。
それに比べ自分は全てが平均レベル。
小さい頃から自分は一人では何も判断できず、兄の背中を追いかけ、兄の真似ばかりしてきました。
野球を始めたのも、楽器を始めたのも、高校、大学を選ぶ基準も全て兄の意見を参考にしていました。
もちろん親の期待はほとんど兄に向かい、親から認められたことなど一度もあ

もっとみる

【第24回】スネ夫と僕は逆だったかもしれない。

「スネオの弟は誰?」と聞かれたとき、あなたは答えられるだろうか。

答えはスネツグである。

え?誰?と思った人がほとんどだと思う。

このスネツグ。藤子・F・不二雄氏の原作でも4回しか登場しない超レアキャラなのである。しかも一番読まれているであろうてんとう虫コミックスのドラえもんの単行本では1回しか登場しないのだ。

弟なのに出番が少ない理由は「NYに住むおじさんの家に養子に出されている」という

もっとみる

結婚明夜

どうにもこうにもお酒に弱い。

父は私が4歳の時に亡くなったが、記憶している限り毎晩ビールを飲んでいたし、飲んでは裸で踊っていた。今写真を漁ってみても、ピースをする父はいつも顔が赤く、陽気そうに映っている。

母もほとんど毎晩ワインで晩酌している。若いころはビールが好きで、父が居なくなってからワインを嗜むようになった。好きが高じて、趣味でワインアドバイザーの資格を取得してしまった程だ。そのため我が

もっとみる

【思い出話】寝起きに天体観測

皆さん、こんばんは。

最近、ますます蒸し暑くなってきましたね。蝉の鳴き声もうっすら聞こえてきて、夏の訪れをひしひしと感じております。谷口です。

本日は、少し思い出話を書いていきたいと思います。

寝起きに天体観測

寝起きに天体観測というのは、私が天文マニアでしょっちゅう星を見に行っていた、というわけではありません。

この「天体観測」は、BUMP OF CHICKENの言わずとしれた名曲のこ

もっとみる