2019年J1第18節 川崎フロンターレ対サガン鳥栖 レビュー「信頼とは与えられるものではなく、勝ち取るもの」

2019年J1第18節、川崎フロンターレ対サガン鳥栖は、0-0の引き分けでした。

この記事の全文は有料でご覧頂けます。僕が発行している有料購読マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」を購読している人も全文読むことができます。およそ毎週2本以上のペースで更新しているので、毎週読んでくださる人には、有料購読マガジンの購読をおすすめしています。

この試合は以下のポイントについて書いています。

よく研究していたサガン鳥栖

この試合のサガン鳥栖のプレーを観ていて、「よく川崎フロンターレを研究しているな」と感じました。僕がそう感じた理由は3点あります。

1点目は、谷口とジェシエウがボールを持ったときの、FWの立つ位置です。この試合はフェルナンド・トーレスと金崎がスターティングメンバーで出場、途中から豊田とイバルボが出場しました。4人に共通していたのは、谷口とジェシエウから、田中と大島(守田)へのパスコースを消すように立っていた事です。

たぶんサガン鳥栖が警戒していたのは、DFからMFに一直線にボールを運ばれ、脇坂にMFとDFの間でボールを受けられてしまうことだったと想像します。中央のプレーを制限し、サイドからボールを運ばせるために、FWの2人は時にくっついてしまうのではないかというほど、お互いの距離を狭くして立っていました。

2点目は、サガン鳥栖のDFがボールを持っている時に、家長が守っているエリアに原川が移動し、ボールを受けていたプレーです。

前節のレビューでも書いたのですが、川崎フロンターレ相手にボールを運ぶときに、相手チームとして狙いたいのが、家長が守っているエリアです家長はボールが近い位置にあるときは、身体の強さを活かして、ボールを奪ってくれるのですが、相手がボールを持っている時に、自分が守るべきエリアを空けて、ボールを奪うためにアクションを起こしてしまうことがあります。

サガン鳥栖は家長の守備の問題を見逃しませんでした。高橋秀人がボールを持っているとき、原川が家長の前や背後を狙って、ボールを受けようとアクションを起こします。家長がボールを奪おうとアクションを起こしたら、原川は家長の背後でボールを受けます。また、家長の背後は、小林祐三も狙っており、原川か小林祐三のいずれかがボールを受けられると、左MFのクエンカとの2対1を作り出し、川崎フロンターレ相手にボールを運ぶ事に成功しました。

川崎フロンターレとしては、FWが積極的にボールを奪おうとしても、サガン鳥栖が家長のエリアからボールを運んでくるし、GKの高丘のキックが正確なので、GKまで戻させても、右MFの安にロングパスを通され、ボールを運ばれるという場面が続き、少しずつボールを奪う位置が下がっていきました。

3点目は、小林祐三の左DFでの起用です。前節は右DFで起用されていた小林祐三を左で起用した理由は、登里と長谷川がボールを運んできた後に、シュートチャンスを作ろうとバスを出そうとするエリアに、相手へのマークが上手く、90分通してアクションを継続できる小林祐三を起用することで、シュートチャンスを作らせないようにしたかったのだと思います。

また、川崎フロンターレの右サイドは家長と車屋という左利きの選手が2人並んでいるため、右サイドからボールを運ぶ回数は少ないという読みもあったと思いますし、たとえボールを運ばれても、小林祐三なら左MFのクエンカを下げずに守れるだろうという読みもあったと思います。小林祐三は期待に応え、ボールを運ばせないだけでなく、シュートチャンスを作らせないプレーで、無失点に貢献しました。

サガン鳥栖としては、狙い通りに進んだ試合だと思います。一方の川崎フロンターレとしては、時間が経つにつれてボールを運ぶ場所が左サイドのみになり、シュートチャンスをなかなか作り出せず、試合を終えてしまいました。

特別扱いは結果で勝ち取った権利

この試合で印象に残ったのは、家長と守田のプレーです。

この続きをみるには

この続き:3,255文字
記事を購入する

2019年J1第18節 川崎フロンターレ対サガン鳥栖 レビュー「信頼とは与えられるものではなく、勝ち取るもの」

西原雄一

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

目を揃えよう
11

西原雄一

プロ・スポーツレビュアー。note「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」で #川崎フロンターレ #ビジャレアル と #Bリーグ のレビュー連載中。趣味は愉快な人同士をつなぐこと。#coffee ☕好き。

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
1つ のマガジンに含まれています