2019年J1第12節 川崎フロンターレ対名古屋グランパス レビュー「ナショナルダービー」

2019年J1第12節、川崎フロンターレ対名古屋グランパスは、1-1の引き分けでした。

この記事の全文は有料でご覧頂けます。僕が発行している有料購読マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」を購読している人も全文読むことができます。およそ毎週2本以上のペースで更新しているので、毎週読んでくださる人には、有料購読マガジンの購読をおすすめしています。

お互いが意地を張り、ボールを持ったら絶対に奪われない。相手を攻撃し続け、ミスをしたほうが負ける。緊張感があり、お互いの力を引き出し合い、観客を楽しませる両チームの対戦は、2018年以降3試合目ですが、外れが1試合もありません。

リーグを代表するチーム同士の対戦カードを「ナショナルダービー」と呼びます。この試合を観終わった時、「ジュビロ磐田対鹿島アントラーズ以来のナショナルダービー」と呼ばれるカードに、両チームの対戦は成長しつつあると感じました。

今回は以下のようなテーマで書いています。

ボールが止まらない選手から交代させていく

この続きをみるには

この続き:2,602文字
記事を購入する

2019年J1第12節 川崎フロンターレ対名古屋グランパス レビュー「ナショナルダービー」

西原雄一

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

問題が起こったら改善していけばいい。
13

西原雄一

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
1つのマガジンに含まれています