リーガ・エスパニョーラ 2018-19シーズン 第8節 エスパニョール対ビジャレアル レビュー「機能性が高いエスパニョールのサッカー」

リーガ・エスパニョーラ 2018-19シーズン第8節、エスパニョール対ビジャレアルは、3-1でエスパニョールが勝ちました。

試合のハイライト

機能性が高いエスパニョールのサッカー

この試合は、エスパニョールが披露した「機能性の高いサッカー」に目を奪われました。

エスパニョールは、4-3-3というチームオーガニゼーション(フォーメーション)を採用します。攻撃時はMFのマルク・ロカが中央のDFの間、もしくは中央のDFの横に下がって、3人のパス交換でボールを運びます。

エスパニョールのサッカーが「機能性が高い」と表現した理由は、選手間の距離が適度に離れており、選手同士のポジションが重ならず、パス交換が円滑になるように配置されていたことです。

エスパニョールは攻撃時には、サイドのDFがFWと同じ位置に上がります。サイドのDFがFWの位置まで上がったら、サイドのFWはビジャレアルの中央のDFとサイドのDFの間に立ち、DFの背後かMFとDFの間でボールを受けようとします。

MFの選手は守備者の間を狙ってボールを受けるのですが、FWが動いたらMFが受ける位置を調整し、お互いが重ならないように工夫しています。そして、サイドのDFがタッチライン際にいるので、FWとMFがボールを受けるスペースも確保されています。そして、中央のFWを務めたボルハ・イグレシアスがビジャレアルDFの背後を狙うことで、縦と横で守備者の間隔を広げ、プレーするスペースを確保しているのです。

Jリーグだと、川崎フロンターレが同じような配置で戦うのですが、川崎フロンターレのMFは左右のポジションを入れ替えることが多く、たまに選手同士のポジションが重なってしまい、パスの距離が短すぎて相手に捕まってしまう場面がありますが、エスパニョールは選手同士が近すぎず、遠すぎずの距離を保っていたため、ビジャレアルの守備はなかなかエスパニョールの攻撃を食い止めることができませんでした。

エスパニョールの機能性は、守備でも発揮されました。敵陣でビジャレアルのDFがボールを持っているときは、4-3-3のチームオーガニゼーションで守ります。

3人のFWがビジャレアルのDFを取り囲むように守り、サイドへのパスコースを消し、中央を守っているMFにボールを奪わせるように守ります。ビジャレアルはセンターラインを超えるまでのプレーに課題があるチームなので、何度かエスパニョールの守備に捕まってしまいました。

そして、ビジャレアルがセンターラインを超えてきて自陣に侵入してきたら、4-5-1のチームオーガニゼーションで守ります。パスコースを限定しつつ、ペナルティエリア内に相手を侵入させないことを目的にした守備に切り替えます。このとき、MFの位置にいる5人がペナルティエリアの中にまでは入らないようにしているので、DFがボールをクリアしたボールを拾える位置にMFの選手がいるので、相手の攻撃を何度も受けず、すばやく攻撃に転じることが出来ているのです。

エスパニョールはこの試合に勝ったことで5位に浮上しました。この試合を見るまでは、GKのディエゴ・ロペス、MFのエステバン・グラネロ、FWのセルヒオ・ガルシアくらいしか知りませんでしたが、攻撃・守備ともに機能性が高い素晴らしいチームでした。日本ではあまり知られていませんが、リーガ・エスパニョーラには機能性が高いチームがたくさんあることを、改めて思い知らされました。

ボールを奪う位置がバラバラに見えたビジャレアル

この試合だけを見ると、ビジャレアルはエスパニョールにいいようにプレーさせてしまったように見えるのですが、3日前にアウェーでスパルタク・モスクワとの試合を行い、中2日で迎えるアウェーゲームということで、コンディションは良くない状態で迎えた試合でもありました。したがって、試合に敗れたことを大きく問題として取り上げる気はありません。

ただ気になったのは、エスパニョールの攻撃に対して、どこからボールを奪いにいくのか、FW、MF、DFの動きが連動していなかったことです。ボールを奪いにいく動きが連動していないように見えるときは、選手のコンディションが良くないか、チーム内で「どこでボールを奪うのか」意思統一が出来ていない、ということでもあります。後半は少し修正されたのですが、前半はボールを奪いにいく位置が選手によってバラバラで、空けてしまったスペースをエスパニョールに上手く活用されてしまいました。

この試合は、引き分けられればよかった試合だと思います。1-1に追いついたのですから、勝ち点1で終えられるように、試合を進めればよかったと思います。67分にFWのエカンビとバッカを交代させたとき、MFを交代させて、センターライン付近の守備を強化して、勝ち点1でOKという試合をすればよいのになぁと思ったのですが、監督の考えは違ったようです。

次節の対戦相手はアトレチコ・マドリー

この試合に敗れたことで、ビジャレアルの順位は16位まで交代しました。アウェーゲームだけの成績でいえば勝ち点7を稼ぎリーグ5位なのですが、問題はホームゲームで勝ち点1しか稼げていないことです。勝ち点1しか稼げていない要因は、得点が奪えていないからです。

リーグ戦が中断し、チームは修正の時間が確保できましたが、次節の対戦相手はアトレチコ・マドリー。簡単に勝てる相手ではありません。

どうチームが準備し、次の試合を迎えるのか楽しみにしたいと思います。

この続きをみるには

この続き:0文字
記事を購入する

リーガ・エスパニョーラ 2018-19シーズン 第8節 エスパニョール対ビジャレアル レビュー「機能性が高いエスパニョールのサッカー」

西原雄一

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

問題が起こったら改善していけばいい。
7

西原雄一

プロ・スポーツレビュアー。note「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」で #川崎フロンターレ #ビジャレアル と #Bリーグ のレビュー連載中。趣味は愉快な人同士をつなぐこと。#coffee ☕好き。

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。