2018年J1第4節 名古屋グランパス対川崎フロンターレ レビュー「自分たちの弱点は相手の弱点でもある」

2018年J1第4節、名古屋グランパス対川崎フロンターレは、1-0で川崎フロンターレが勝ちました。90分間目がはなせない、とても楽しい試合でした。

観ていて、「楽しい」と感じたのはなぜか。それは、両チームとも「逃げない」チームだからだと思います。

「ボールを持つ」こと、「場所」に逃げない

まず、「ボールを持つ」ことから逃げない。ボールを持ったら、時限爆弾を渡すように、「自分がミスをした」という事にしたくないかのように、ボールを味方に渡すような選手がいるチームがありますが、両チームとも「自信を持ってボールを持つ」事を前提に成り立っているサッカーをしているので、当然のように、自信をもってボールを持とうとします。

ボールを持って、いかに相手を攻略するか。ミスをしたとしても、相手を攻略するために起こしたアクションに対するミスであって、「アクションを起こさなかった」ことによるミスは、ほとんどありませんでした。

そして、「場所」に逃げない。ボールを持ったら、ゴールから遠い位置や、味方も敵もいない場所にボールを蹴って、味方と敵を競争させてボールを運ぶようなプレーや、一旦タッチラインの外にボールを出して、相手の攻撃を断ち切るようなプレーが、この試合ではほとんどありませんでした。ゴールから遠くて、相手がいない場所に逃げるのではなく、相手がいても、まずはゴールに最短距離で狙える方法にトライし、駄目なら他の方法にトライしていました。

川崎フロンターレの戦いに適応してみせた名古屋グランパス

この続きをみるには

この続き:4,653文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
Jリーグ2連覇を飾った、川崎フロンターレの2018年シーズンのレビュー記事をまとめて読むことができます。まとめて読みたい方におすすめです。

Jリーグ2連覇を飾った、川崎フロンターレの2018年シーズンのレビュー記事をまとめて読むことができます。まとめて読みたい方におすすめです。

または、記事単体で購入する

2018年J1第4節 名古屋グランパス対川崎フロンターレ レビュー「自分たちの弱点は相手の弱点でもある」

西原雄一

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

問題が起こったら改善していけばいい。
7

西原雄一

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
2つのマガジンに含まれています