見出し画像

2019年ACL予選リーグ 川崎フロンターレ対シドニーFC レビュー「レアンドロ・ダミアンのコメントを読み解く」

2019年ACL予選リーグ 川崎フロンターレ対シドニーFCは、1-0で川崎フロンターレが勝ちました。

この記事の全文は有料でご覧頂けます。僕が発行している有料購読マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」を購読している人も全文読むことができます。およそ毎週2本以上のペースで更新しているので、毎週読んでくださる人には、有料購読マガジンの購読をおすすめしています。

今回は以下のようなテーマで書いています。

変化を決断した鬼木監督

この試合を観終わって、僕はこんなツイートをしました。

この試合を観終わった時、中2日の試合だったこともあり、簡単に勝てる試合ではないと思う反面、もう少し選手たちでプレーしながら解決できたことがあるんじゃないか。そう考えていました。

ところが、試合後の選手たちのコメントを読んでいると、選手たちも問題に気がついてはいたものの、選手の判断だけで解決するのが難しいと考えていたのではないかと、感じました。

鬼木監督は試合中に2回の大きな変更を行っています。この変化によって、川崎フロンターレのプレーはスムーズになりましたが、僕は試合を観ながら、「この変更は良い決断だと思うけど、選手がどうにかすることは難しかったのか」とも思ったのです。

鬼木監督が1回目の変更は、チームオーガニゼーションの変更です。

この試合の川崎フロンターレは、4-4-2のチームオーガニゼーションでスタートしましたが、前半30分に4-2-3-1というチームオーガニゼーションに変更します。試合開始当初はFWを務めていた小林を右MFに、右MFを務めていた家長を中央に移しました。

2回目の変更は、選手交代です。守田に代わって鈴木、レアンドロ・ダミアンに代わって知念を入れたことで、他の選手のアクションの量が増え、シドニーFCを押し込むことに成功しました。他にも、家長、中村の立ち位置を調整したりといった細かい修正を続けたことが結果につながりました。

頭を離れなかったレアンドロ・ダミアンのコメント

鬼木監督の修正策が素晴らしかったと思う半面、やはり僕は前半のプレーが気になりました。ずっとレアンドロ・ダミアンのコメントが頭を離れなかったからです。

この続きをみるには

この続き:2,176文字
記事を購入する

2019年ACL予選リーグ 川崎フロンターレ対シドニーFC レビュー「レアンドロ・ダミアンのコメントを読み解く」

西原雄一

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

ピンチはチャンス
16

西原雄一

プロ・スポーツレビュアー。note「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」で #川崎フロンターレ #ビジャレアル と #Bリーグ のレビュー連載中。趣味は愉快な人同士をつなぐこと。#coffee ☕好き。

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
1つ のマガジンに含まれています