2018年J1第14節 柏レイソル対川崎フロンターレ レビュー「鬼木監督が実現しようとしている『ポジショナルプレー』とは」

この試合のプレビューで、柏レイソルのプレーの見どころとして、以下の3点を書きました。

・柏レイソルが攻撃時にどのようにボールを相手陣内に運んでくるか
・ボールを奪おうとする位置はどこか
・GKとDFの連携

柏レイソルが攻撃時にどのようにボールを相手陣内に運んでくるか

1点目の「柏レイソルが攻撃時にどのようにボールを相手陣内に運んでくるか」ですが、前半は柏レイソルのDFのパス交換に対して、川崎フロンターレが上手く対応出来ません。特に右DFの小池がフリーになることが多く、小池から伊東にパスがつながり、この2人の連携で何度か、川崎フロンターレ陣内にボールを運びました。

柏レイソルは、攻撃時には大谷がDFの位置まで下がり、鎌田、大谷、パク ジョンスの3人でパス交換を行います。川崎フロンターレは小林と中村の2人で守るはずなのですが、なぜか鎌田がボールを持つと、MFの阿部がボールを奪いにいってしまいます。

たぶん、この3人だと、鎌田のボールを扱う技術が一番低いと判断していたのか、右サイドの攻撃を制限したかったのかまでは分かりませんが、鎌田に対して強くボールを奪いにいくことで、ボールを運ばせないようにしたかったのだと思います。しかし、鎌田が右横の小池に上手くパスを出すので、ボールを奪えず、右サイドからボールを運ばれてしまいました。

また、柏レイソルの伊東がボールを受ける場所も絶妙で、守田と車屋の間に顔を出し、上手くボールを受けます。伊東に対して、車屋が強くボールを奪いにいくと、車屋の背後が空いてしまいます。

さらに、柏レイソルはFWの江坂が、川崎フロンターレのMFとDFの間でボールを受ける動きを繰り返し、ボールを受けると1タッチでDFの背後にパスを出すというプレーを繰り返すので、谷口もしくは奈良がボールを奪いにいきたいのですが、奪いにいくと背後を狙われてしまうので、なかなか奪いにいけません。前半は何度もボールを奪おうと試みるものの、ボールを奪えず、かといって相手の動きを制限することも出来ないと時間帯が続きました。

守田はまだやるべきタスクをすべて理解出来ていない

阿部の守備も気になりましたが、もっと気になったのは、守田の動きです。守田はエドゥワルド・ネットが欠場したため、中央のMFでプレーしたのですが、まだまだ川崎フロンターレの中央のMFでプレーするにあたって、やらなければならないことが、全て理解出来ていないのだなと感じました。

守田の強みは、アクションを止めず、動き続けることです。動きながら考え、次のプレーをよどみなくこなすところが、守田の最大の強みです。ところが、動き続けることが出来るゆえに、「動きすぎる」ことがあるのです。

守田はこの試合中央左のMFを担当していたのですが、動きを止めずに右側に動いてしまったり、他の選手がボールを奪いにいってないのにボールを奪いにいったり、といった場面が見られました。阿部がボールを奪いにいったときも、伊東へのパスコースを消すように立ってればいい場面でもボールを奪いにいったりと、動き続けてはいるものの、他の選手と連動出来ていない場面が見られました。

また、川崎フロンターレが攻撃する時は、奈良と谷口の間にエドゥワルド・ネットが移動し、3人でパス交換しながらボールを運んでいくのですが、守田はエドゥワルド・ネットの代わりに出場しているので、同じ役割を担っているにもかかわらず、役割を忘れ、相手ゴール近くに移動してしまう場面が見られました。前半の川崎フロンターレは、守田が中央のMFに入っていることで、選手同士が連動して動けない場面が何度も見られました。

柏レイソルがボールを奪おうとする位置がずるずると下がっていった

2点目の「ボールを奪おうとする位置はどこか」ですが、柏レイソルは守備の時は、4-5-1というフォーメーションで守っていました。中央のMFを3人にして、大谷が中村、小泉とキム・ボギョンが大島か守田に対応するといった具合に、中央のMFが誰に対応するのか役割を決めて、試合に臨んでいるように見えました。

柏レイソルの守備で気になったのは、「いつボールを奪いにいくのか」が分からなかったことです。誰が、どこの場所を守っているかは分かるのですが、ボールを奪う時に強く相手に向かっていくアクションを仕掛ける選手がいないため、いつ、どのタイミングで、ボールを奪いたいのか。どこでボールを奪いたいのか、試合を観ている限りは伝わってきませんでした。前半は大きな問題になっていませんでしたが、時間が経つにつれて、少しずつボールを奪う位置が下がっていき、川崎フロンターレの攻撃を受け続ける時間が増えていきました。

プレビューで、柏レイソルのデータとして、「1試合平均のクリアの数がリーグ1位」と紹介したのですが、クリアの数が多いのは、ボールを奪いにいくタイミング、場所が定まっておらず、時間が経つにつれて、ボールを奪う位置が自陣ゴール付近に下がっていくからだと分かりました。

川崎フロンターレは、後半に入って、少しずつ柏レイソルのプレーに対応していきます。まず、柏レイソルの右サイドからの攻撃ですが、阿部がどうしても鎌田にボールを奪いにいってしまうので、長谷川と交代させ、長谷川に小池をマークさせることで、小池がボールを運ぶ場面が減っていきました。

そして、川崎フロンターレの右サイド、柏レイソルの左サイドから攻撃することで、クリスティアーノの自陣に押し込み、柏レイソルがボールを奪っても、右サイドから攻撃させないことで、相手の攻撃する時間を少しずつ減らしていきました。

また、守田にはハーフタイムでやるべきことをきちんと伝えたのだと思います。攻撃時に谷口と奈良の間に移動する動きを忘れることはありませんでした。

前半に比べて、中村、大島、守田の3人の動きがスムーズになり、中村は大谷が守っているエリアからはずれ、わざと右サイドに移動してボールを受け、攻撃の方向とリズムをコントロール。左右にパスをテンポを変えてつなぐことで、相手の守備を動かします。ボールを奪うポイントが定まらない柏レイソルはずるずると後退し、次第に中央のMFを担当する3人のアクションが止まるようになりました。

GKとDFの連携はスムーズだったんか

そして、3点目の「GKとDFの連携」。気になったのは、決勝点の鈴木のヘディングシュートの場面です。右DFの位置からペナルティエリアに侵入した鈴木の動きは見事でしたが、このプレーの前にも、川崎フロンターレは何度も左サイドからクロスを出しており、狙っているのは明らかでした。たぶん、左DFを務めている亀川とパク・ジョンスの連携が上手くいっておらず、クロスに対して対応が上手くないということが分かっていたのだと思います。

GKが声をかける、中央のDFが声をかけるといったアクションを起こしていれば、亀川は鈴木に身体をぶつけて、ゴールの枠に飛ばさないといった対応が出来たと思うのですが、川崎フロンターレに動かされ、体力を削り取られたからなのか、アクションが起こせませんでした。

この続きは有料で購読頂くか、有料課金マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」を購読頂いた方は閲覧出来ます。この続きには、以下の3点について書いています。

・森谷は1試合だけよいプレーをするだけじゃダメ
・谷口のイエローカードから伝わる「新たなチャレンジ」
・鬼木監督が意図する「流動的」と「ポジショナルプレー」

この続きをみるには

この続き:2,200文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
Jリーグ2連覇を飾った、川崎フロンターレの2018年シーズンのレビュー記事をまとめて読むことができます。まとめて読みたい方におすすめです。

Jリーグ2連覇を飾った、川崎フロンターレの2018年シーズンのレビュー記事をまとめて読むことができます。まとめて読みたい方におすすめです。

または、記事単体で購入する

2018年J1第14節 柏レイソル対川崎フロンターレ レビュー「鬼木監督が実現しようとしている『ポジショナルプレー』とは」

西原雄一

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

ピンチはチャンス
6

西原雄一

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
2つのマガジンに含まれています