2018年J1第33節 清水エスパルス対ヴィッセル神戸 レビュー「コントロールすべきは審判ではなく自分たち」

2018年J1第33節、清水エスパルス対ヴィッセル神戸は、3-3の引き分けでした。

この記事の全文は有料でご覧頂けます。僕が発行している有料購読マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」を購読している人も全文読むことができます。およそ毎週2本以上のペースで更新しているので、毎週読んでくださる人には、有料購読マガジンの購読をおすすめしています。

今回は以下のようなテーマで書いています。「1」は無料でどなたでも読むことができます。

1.イニエスタのパスの凄さを語ろう
2.劣勢の要因になったティーラトンの負傷交代と橋本との差
3.チームに欠かせない伊野波
4.コントロールすべきは審判ではなく自分たち

この試合はアディショナルタイムにあった出来事ばかりが注目されがちですが、ヴィッセル神戸としてはリージョ監督就任後から取り組んできたことが、きちんと表現されていた試合でもありました。そのことを書いているメディアは少なかったので、noteで書きたいと思います。

イニエスタのパスの凄さを語ろう

この試合を語るなら、まず1点目をアシストしたイニエスタのパスについて語らなければなりません。

フィールド中央でポドルスキからのパスを受けたイニエスタは、右足にボールを持ち替え、少しドリブルをします。そして、ボールを奪うためにFWのラインに残っていた藤田が相手DFの前を横切り、背後を取る瞬間、背中越しに浮き球のパスを出します。藤田はパスを受けて、ゴールキーパーの肩口を抜くシュートを決めました。

このパスが凄いところは2点あります。

1点目はタイミングです。藤田が相手DFの背後をとった瞬間、そして、相手DFがイニエスタのドリブルを警戒して、1歩前に出て重心を前にずらした瞬間に浮き球のパスを出します。これ以上早すぎても、遅すぎても、通らない絶妙のタイミングのパスでした。

2点目はボールの回転です。イニエスタが出したパスは、ただの浮き球のパスではありません。イニエスタはインフロントキックというキックを使って、軽くカーブをかけるような回転をかけます。そして、ボールにはスピンがかかっており、ワンバウンドしたあと、藤田がキックする場所を計算していたかのように、ぴったり届きます。

タイミングとコースを狙い通りに蹴ることができる選手はいます。でも、回転をかけて、味方が走り込むコースを予想して蹴ることができる選手は一握りです。また、回転をコントロールしたパスを蹴ることができる選手はいますが、ドリブルしながら回転をコントロールするパスを蹴るには、さらに技術が必要です。

シュートを決めた後、藤田はイニエスタを指さしましたが、たぶん藤田にとっても、これ以上ないといっていいほど、最高のパスを受けることができたのではないかと思います。

この試合はアディショナルタイムにあった出来事ばかりが注目されがちですが、そのせいで、このパスの凄さがあまり伝わっていない気がします。ぜひ映像を見て、このパスの凄さを理解して欲しい。そう思います。

劣勢の要因になったティーラトンの負傷交代と橋本との差

リージョ監督は、記者会見で試合を振り返って、以下のように語っています。

ティーラトン選手の怪我で交代や、宮選手もトラブルを抱えた中、那須選手が入る直前にボールを一度切ることで、数的不利を和らげる必要があったのに、出来ませんでした。

特に67分のティーラトンの負傷交代は、この試合のポイントになった出来事だと思います。

ティーラトンは正確な左足のキックが注目されがちですが、僕は試合を重ねるごとに、リージョが求めていることを理解し、実行できる吸収力が素晴らしく、試合を重ねるごとに、いつボールを運ぶのか、誰に、どこにパスを出すのかという、プレーの選択ミスが減っています。ティーラトンがボールを持つと、他のチームメイトが落ち着いて次のプレーのために動き直すことができます。

ティーラトンが負傷交代すると、ヴィッセル神戸は清水エスパルスの攻撃を受ける回数が増えていきます。その理由は、ボールが落ち着く場所が1つ減ってしまったからなのです。

橋本が同じようにプレーできればよかったのですが、橋本はティーラトンとは異なり、プレーの選択を何度かミスしてしまいます。クロスを上げなくてよい場面で上げてしまったり、バックパスすればよい場面でドリブルしてボールを失ったり、橋本のミスによって、何度かボールを失った場面がありました。

橋本がこれまでプレーしたチームでは、相手陣内深くにボールを運んで、クロスを上げれば褒められたかもしれませんが、今のヴィッセル神戸は違います。ボールを保持し、攻撃のテンポをコントロールし、他の味方選手をフリーにするためにミスなくプレーすることが求められるのです。

今のヴィッセル神戸では、力んで素早く相手陣内に攻撃することよりも、ボールを保持し、相手の守備の状況に応じて、何人守備者がいても、パスの出し手と受け手の関係で相手を外してシュートチャンスを作り出すプレーが求められるのですが、日本人選手のプレーを見ていると、判断基準がイニエスタやポドルスキと一致している選手はいません。2人に一番近いのはティーラトンで、次は古橋と伊野波だと思います。

リージョ監督が伝えていることは、当たり前のことでもあります。チャンスが作れないと判断したらボールを持っていればよい。ただそれだけなのですが、「チャンスが作れる」ということより、「頑張っている」プレーが評価されてきた選手にとっては、戸惑いもあると思いますし、リージョ監督としては、「なんでこんなことも分からないのか」という思いもあるのかもしれません。

橋本のプレーを見ながら、リージョ監督が取り組んできていることは浸透しつつある反面、まだまだ実行できる選手は少ないのだなぁとも感じましたし、ヴィッセル神戸にとっては、リージョ監督、イニエスタ、ポドルスキといった選手たちの目線に、他の選手たちがどこまであわせられるか、来シーズンも引き続き課題になると思います。

チームに欠かせない伊野波

惜しくも引き分けてしまった試合ですが、僕がマン・オブ・ザ・マッチなら伊野波を選びます。この試合の伊野波は素晴らしいパフォーマンスを披露しました。

この続きをみるには

この続き:1,133文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
ヴィッセル神戸に就任したリージョ監督とはどんな監督なのか。第30節の川崎フロンターレ戦を見て、久しぶりに凄い監督が日本に来たと衝撃を受けました。第30節以降のヴィッセル神戸の戦い方をマガジンにまとめました。

ヴィッセル神戸に就任したリージョ監督とはどんな監督なのか。第30節の川崎フロンターレ戦を見て、久しぶりに凄い監督が日本に来たと衝撃を受...

または、記事単体で購入する

2018年J1第33節 清水エスパルス対ヴィッセル神戸 レビュー「コントロールすべきは審判ではなく自分たち」

西原雄一

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

失敗とはトライしないこと
8

西原雄一

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
2つのマガジンに含まれています