2019年J1第6節 川崎フロンターレ対セレッソ大阪 レビュー「誰のレベルにあわせてチームを作っているのか」

2019年J1第6節、川崎フロンターレ対セレッソ大阪は、1-1の引き分けでした。

この記事の全文は有料でご覧頂けます。僕が発行している有料購読マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」を購読している人も全文読むことができます。およそ毎週2本以上のペースで更新しているので、毎週読んでくださる人には、有料購読マガジンの購読をおすすめしています。

今回は以下のようなテーマで書いています。

改善されたボールを受ける動き

試合を通して見ると、だいぶ課題は改善され、やりたいことは整理されつつあると感じました。引き分けではありましたが、悲観すべき内容ではないと思います。

特に改善されたと感じたのは、家長と阿部のボールの受け方です。

家長が良くないときは、ボールを受けようとして右から左に移動してボールを受けようとしてしまい、他の選手のスペースを消してしまうのですが、この試合は右サイドにいつつ、相手から離れたり、背後を狙ったり、斜めに下がるような動きを繰り返し、長い距離を走らず、空けたスペースで受けたり、相手を動かしてからボールを受けていました。阿部も同様です。

2人が自分たちが担当しているサイドで、相手を外す動きをしているので、中央の中村はボールを受けるスペースを確保することができていました。セレッソ大阪は5-4-1のチームオーガニゼーションで守っているのですが、中央のMFのソウザとデサバトが、田中と守田がボールを持ったときに素早く距離を詰めて奪おうとしていたので、この2人を外して、中村にパスが渡れば、川崎フロンターレは相手陣内にボールを運ぶことができていました。

田中碧と守田のプレーで気になっていること

田中碧と守田はよく頑張ってると思うのですが、気になる点も少なくありません。気になっている点は3点あります。

この続きをみるには

この続き:3,029文字
記事を購入する

2019年J1第6節 川崎フロンターレ対セレッソ大阪 レビュー「誰のレベルにあわせてチームを作っているのか」

西原雄一

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます! いただいたサポートは移動費や機材補強などにありがたく遣わせていただきます!!

いま上手くいっている方法が、3年後も上手くいくとは限らない
11

西原雄一

プロ・スポーツレビュアー。note「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」で #川崎フロンターレ #ビジャレアル と #Bリーグ のレビュー連載中。趣味は愉快な人同士をつなぐこと。#coffee ☕好き。

勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方

勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。それがスポーツの楽しみ方の原点だと思う一方で、スポーツの楽しみは勝ち負けだけじゃないはずだ。勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方とは何か。
1つ のマガジンに含まれています