キャプテンでも何でもない僕がブログを書く理由

今高知大学体育会サッカー部は大きな大きな壁にぶち当たっている。

・天皇杯出場
・総理大臣杯ベスト8
・インカレベスト8
・Iリーグ全国大会出場

という目標を掲げて臨んだ一年。

・天皇杯県予選準決勝敗退
・四国大学サッカートーナメント準優勝
・四国大学サッカーリーグ3位

今のところ何一つとして成し遂げられていない。

掲げた目標に対してみんな努力していたと思う。

みんなそれぞれの立場で役割で全力を尽くしていたと思う。


それでも勝てなかった。なぜだろう。

努力してるけど結果が出ない。みたいなことはよくある。
ただがむしゃらに頑張っても何も生まれない。

じゃあその努力は目標の達成に繋がるのか、達成に近づいているのか、ということを考えなければならない。
そして現状維持は退化であり、変化を積み重ね進化し続けることが大事なのだ。


今がその「変化」の時ではないか。
今のままでは勝てないことが分かったし、みんな「変わらないといけない」と感じていると思う。
変わらなければ余計なことを考えなくて済むし、正直めちゃくちゃ楽。
伝統とか文化とかそんなのどんどんぶち壊していいと思う。
もちろん良いものは残すべきだけど。

選手は変わるのにチームのやり方が変わらないのは絶対に違う。
その時のチームや選手に合ったやり方で目標を掲げ目指すべきではないか。

「何か変化があると新しく問題が生じる、その問題を自分たちで考え行動し乗り越える」


この繰り返しが成長に繋がる。
これは個人、チームどちらにも言えること。


何か疑問に思うこと、チームに対して感じることが一人ひとり必ずあると思うし、あって当たり前。140人いれば140人の考え価値観がある。それを意見したり行動に移すことができれば「大きな変化」が起こる。

そしてその変化が今のチームには必要だ。


これがまさに「キャプテンでも何でもない僕がブログを書く理由」だ。
(他にも理由はあります)


キャプテンでも何でもない自分が思っていることを主張したり、こうしたらいんじゃね?みたいなことを発信することで、言葉では上手く表せないけど何か起こればなと。

例えば
・自分の書いたことが部内で議論される
・自分の考えや意見を言いやすい環境をつくる
・サッカー部とは関係ない人から意見をもらえる
・高知大学体育会サッカー部が注目される

ブログを書くことだけが正解ではないし、もっと良いやり方があると思う。

それでも行動を起こさないと始まらない。

少しずつでしか変わることはできないけど、きっと全員が変わろうとすれば高知大学体育会サッカー部は成長する。

そして明日Cチームの3位決定戦、IA対IBの決勝加えて全員応援。
決して思い出作りとかではなく、少しでも高知大学体育会サッカー部が進化するため、メンバー一人ひとりが成長するための一日にしよう。


大袈裟かもしれないけど、高知大学体育会サッカー部として新たな一歩を踏み出そう。




#高知大学体育会サッカー部


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

Naoya Nobuto

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。