「左ききのエレン」は赤字です。

ぼくは会社を辞めて、株式会社なつやすみという会社を起業し漫画を描いて(一応は)生活しています。

お金のモチベーションだけだったら、きっと独立していなかったんじゃないかと思います。

いま最も注力している、漫画「左ききのエレン」の中だと、ぼくの地の性格と最も似てるのは「加藤さゆり」という腹黒計算ヒステリック女なので、損得だけで見たら脱サラ漫画家は割に合わない。

安定して稼ぐならサラリーマンしながら週末に副業として漫画を描くのが一番安全だと今でも思いますし、数年後には自分もそうしてる可能性はあります。何より広告という仕事が心から好きだったし、これまでお世話になった2社は今でも良い会社だったと思ってます。

ただ、エレンを描くにはサラリーマンをしながらでは無理だと思いました。描けたかも知れないけど、きっと月1連載とかになっちゃう。

それに、内容が内容なので、会社(特に広告業界)に居ながら描くには辛すぎる。なので、50%くらいはエレンを描くために脱サラしたと言っても良いくらいです。

それで、表題の「エレンが赤字」という話ですが、SPA!の紙面で「バズマン」っていうネット広告ギャグを連載させて頂いているので(増ページになりました!)ギリギリ漫画家っぽい雰囲気でコソコソ活動してますが、やっぱり普通の漫画家先生とは稼ぎ方が異なると思います。

普通の漫画家の収益源は、主にページ数に応じた原稿料と書籍化の印税ですが、一方「左ききのエレン」の収益源は、有料会員のPV数に応じた原稿料とKindleの印税です。

つまり、無料でいくら読まれても1円にもならないし、同じPVなら100ページでも1ページでも同額になります。

掲載メディアであるcakesは月額有料会員になると全ての記事が読み放題になるのですが、エレンは1週間限定で誰でも無料に読めます。その1週間で気に入ってもらい、過去話を読むために有料会員やKindleに「課金」して頂く収益モデルになっています。

Kindleについては、定額の読み放題作品に登録しているので更に課金されにくくなってます。ただ、今はとにかく「左ききのエレン」という話を多くの人に知って頂きたい時期なので、収益よりも認知を選んで読み放題作品に入れています。

どれくらいエレンが稼げないか、あんまり具体的に書くと怒られそうなので、ざっくり言うと「プロ漫画家が1ページ描いて稼ぐ金額を、1話(20〜30ページ)で稼いでる」と言うと、赤字の度合いがなんとなく分かって頂けるかと思います。

加えて、これはぼくが勝手にやってるだけなので良いんですけど、今後作中に「エレンが描いた絵」が何度か登場します。

これは、ぼくが自腹でアーティストに発注して描いて頂いているものです。

エレンの話を気に入ってもらっているお陰で格安で描いてもらってますけど、本当はちゃんと正規の金額を支払いたい。現状は、エレンで稼いだ僅かな収入をこういった支出で相殺してる感じです。

じゃあ、どこでいつ収益化を見込んでいるかと言えば、正直な話「左ききのエレン」で儲けるつもりはあんまり無いです。

他の広告案件などでちゃんと稼いで、エレンだけは自主制作というか黒歴史の日記というか、自分の中の怨念みたいなものを成仏させてやるために時間をかけて描きたいと思ってます。

もちろん「作画をつけて紙面で連載する」とか「映像化する」とか夢はありますが、そうなったとしても儲けなくて良い。儲けなくてもいいけど、せめて赤字は無くすくらいにはしたい、というのが正直な気持ちです。

いつも見て下さっている方々のお陰で、エレンのPVはどんどん上がっています。ぼくの他の作品は1話が最も良くてゆっくり離脱して行く事が多く、世の中のWEB漫画は大抵そういうもんだと思いますが、前半の話で数ヶ月かけて稼いでいたPV数を、最近の話では1日で上回る勢いになっています。

絵が下手だから入ってこれなかった人達が、少しづつ「まぁ絵は許してやるか」って思ってくれてるんじゃないかと思ってます。だから尚更「作画リメイク」と「映像化」はいずれ何としてでも実現させたいと夢見てます。

その夢のためにも、ちゃんとアクセルを緩めずに最終回まで完走したいと思ってます。いま4巻分まで書き終えましたが、たぶん8か9巻くらいで完結する予定です。最終回まで話は出来ています。

長くなってしまいましたけど、「左ききのエレン」で最も望む事は「多くの人に読んで欲しい」です。

シェアも嬉しいですし、リアルで刺さりそうな友達に勧めてもらえるのも凄く嬉しいです。内容についてレビュー書いて下さるのも嬉しい。

絵が下手なのに何故?漫画「左ききのエレン」が熱狂的人気_ネイバーまとめ

「一発屋だろ」と思って見ていたらエンタメの連発花火師でした…現役マンガ家も嫉妬したSNS発の新星が描くボーイ・ミーツ・ガール『左ききのエレ

あとは「できれば赤字をゼロにする程度には稼ぎたい」です。

マラソンの給水所のイメージで、たまに少しだけエールをもらえると嬉しいです。cakes有料会員でもいいし、Kindle購入でもいいし、レビューを書いて広めてくださるでもいいし、何でも良いです。

そして、

今週、11月3日(木)に、3.4巻が同時に発売となり、その続きとなる最新話が同日公開されます。


左ききのエレンamazonページはコチラです


どうか、最後までお付き合い下さい!

これからも、「左ききのエレン」を宜しくお願い致します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートも嬉しいですが、よかったら単行本を買ってください!

107

かっぴー

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。