落ち込んでる人に「わかるよ」と言ってはいけない

友だちが、他人から嫌なことをされて落ち込んでいます。たとえば約束を破られたとか嘘をつかれたとかフラレたとかで。
そんなとき、あなたは何と声をかけますか?

よくある答えは「わかるよ。あるよね、そういうこと」。
でも、もしぼくが落ち込んでる側の人間だったら「わかるよ」とは言ってほしくありません

なぜなら、もし「わかるよ」とか「おれにもあったよ、そういうこと」なんて言われてしまったら、「そんなのよくあることだよ。それくらいで落ち込むなよ女々しいなあ」に変換されてしまうから(少なくともぼくのような繊細ボーイの脳内では)。

だからもし「わかる。おれにもあったよ」と言うんなら、「でもおれのときはそこまでひどくはなかったけどね」とか「君の立場だったらもっと傷ついてたかもな」とか付け加えてほしいんです。まあほんとにそんな要求されたら「やかましいわ」って思いますけどね(めんどくさい)。

要は「いまはおれのターンなんだよおぉぉ!!なんで入ってくるんだ!!お前の辛かった話なんてどうでもいいんだよぉぉぉ!!」ってこと。ええ、勝手なのはわかってます。励まそうとしてくれてるのもわかってます。
でも落ちてるときくらいは悲劇のヒーローぶらせてくれてもいいじゃないですか。

そういうときって、別に解決策なんて求めてないんですよね。気を持ち直したら自分で考えますから。

ただ、心のモヤモヤを少しでも晴らしたいだけなんです。「まわりの誰よりも辛い状況にある」と認めてもらうことで、「自分のメンタルが弱いわけじゃないんだ。この状況が特別深刻なんだ」というエクスキューズがほしいだけなんです。

もし目の前に落ち込んでる人がいたら、「わかるよ」と言うだけがやさしさではないってことを分かってあげてくださいね。

繊細ボーイからのお願いでした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「応援したい!」「面白い!」と思って頂けたら、いいねやシェアしていただけるととっても励みになります。

「スキ」ありがとうございます!
24

繊細ボーイは夜を待つ

気にしすぎな繊細ボーイが夜中のテンションで書く人間関係のあれこれ。
1つのマガジンに含まれています

コメント3件

解決策を求めているわけでは無いという言葉にグッときました。
ありがとうございます!男がドヤ顔でアドバイスしたら女性に「(ただ話を聞いてほしいだけなのに…)」って思われることもよくありますよね笑
これは男性的ですね…!面白い。
「それでもどうにかやってるんじゃん。すげーよ」が正解と聞いたことがあります。
女性には「大丈夫だよ、俺が味方だから。その気持ちだけは絶対ぶれないから」って聞いた。
アドバイスはしないでください。話す時点で方向性は決まっているため、あなたが敵か味方かを試されますw
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。