見出し画像

男性学と女の生き方

ジェーン・スーさんと、男性学を研究されている田中俊之氏の対談、ずいぶん前の記事だけどおもしろかった。

ほとんどの内容はスーさんのラジオやその後の著書で触れられていたりして、スーさんファンとしては、「あの時使っていた言い回しはここから出ていたのか」と、論文の引用元を見た気分。笑

働くも働かないも、結婚するもしないも、子供を持つも持たないも、自分で選んでも良いという【選択肢の自由】を女性側は得たものの、【価値観の多様性】がセットで立ち上がらなかったため、「結婚して専業主婦子持ちが理想」という価値観だけは引き継がれてしまって、「働いて結婚せずに生きる」という選択が好ましくないもののようになってしまった、、というところ、なるほどと思った。

選択は自由!その選択の組み合わせのどれを幸せと思うかも自由!

ここがセットになっていないと、どんな人生を選んでも満足できないし親や他人の目線がきになる。

自分の生きたい人生を生きるために欠かせないセットだと思った。







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

よろしければシェアもお願いします
2

松本典子@パーソナルカラー

イメージアップコンサルタント/メイクアップアーティスト 広尾のサロン Studio Nori を主宰。 パーソナルカラーと骨格診断の理論を元にイメージアップのお手伝いをしています。 http://studio-nori.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。