NYの会議通訳者が教える英語

日本で生まれ育ち、高校卒業後に渡米。NYの大学を卒業後に英語を本格的にやり直す。英会話教室の教程が不十分なことを痛感しつつも、試験に受かった後は勉強を続ける手段がないことに悩む。色々な本と先生を探しながら独学と個人指導を組み合わせて勉強を続け、やがて独自の英語上達法を開発。

夏のNYC・京都・東京ワークショップ

次回は6月29日から7月28日にかけて、ニューヨーク、京都、東京の三か所でワークショップを開催します。英語の発音と聞き取りの基礎を勉強しながら、話し方の実践を行う内容です。詳細はこちら

Pronunciation I:英語と日本語の音の違いを理論的に解説し、耳で聞いて真似るのではなく、喉の奥から顎まで正しい筋肉の使い方を練習します。ほとんどの発音教室では母音と子音の基礎に半年ぐらい費やしています

もっとみる

発音記号を暗記しても通じない

話し言葉にはリズムと音程があります。日本語でもそうですね。

「橋」と「箸」の平仮名表記は全く同じですが、音程は違います。これが逆だと誤解を招きます。

「橋を渡る」を「はーしーをーわーたーるー」と発音することはありますが、「はーしをわたる」「はしーをわたる」と言ったら通じにくくなりますね。これはリズムが間違っているからです。

子供が母国語を耳から覚える場合、最初に身につくのは全体のリズムと音程

もっとみる

実は何度も失敗している

私は今までに何度も植物食を試みて失敗しています。続かない理由は色々ありましたが、何よりも大きいのは体力低下でした。

最初の数日間は植物だけの食事で何も問題なく、しばらくの間は苦痛もなく続けられるのですが、いつも数か月後に「ふらつく、貧血気味になる、疲れやすい」など、かなり重い栄養不良の症状が出ました。

年季の入った植物食の人たちの多くが「それは意思が弱いから」「そんなはずはない」とか言うんです

もっとみる

英語学習の目標設定

英語学習の目標をどこに定めるかは、人によって違います。英語圏に留学する人、仕事で英語を使う人、英語で論文を書く人、英語を教える人、翻訳や通訳の仕事をする人、とりあえず必要ではないけれども勉強したい人など、それぞれ異なった事情を抱えています。

そこで私が開催しているワークショップで目標にしているのは「普通の速度で聞き取りと会話ができること」です。これは将来的に、どんな立場で英語を使う人にも必要な条

もっとみる