風に恋う|プロローグ

指揮棒が構えられる瞬間は、いつも、体がぶるりと震えた。

これから始まる十二分間の幸せな時間を前にした、武者震いなのだと思う。

指揮棒が振り下ろされ、奏者が一斉に息を吸う。
ホールを鋭い風が吹き抜ける。
全身で、音楽の神様から吹く風を受けている。
こういう幸せが、これからの人生の中で何度も感じられたらいい。

十八歳の不破瑛太郎(ふわ・えいたろう)は、そう願っていた。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。
24

『風に恋う』|額賀澪|試し読み

突然部長に指名された1年生と、過去の栄光から逃れられないコーチ。吹奏楽部を率いる二人は、全日本コンクールへと行けるのか――?【文藝春秋より好評発売中の吹奏楽×青春小説『風に恋う』の試し読みです】装画:hiko/装幀:川谷康久
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。