見出し画像

営業中に苦手なコーヒーを飲んだ日

これまで日本とアメリカでいくつかの仕事を経験した中で

未体験だったもの、それは営業。

これまで、コンサルしたり、トレンドレポート書いたり、翻訳したり、文章を書いたりしてきたけれど

何かを売り込んだことはなかった

最近までは。

今、パートーナーと製造販売する商品であるaminogloも完成形に近づいて、色々な人に試してもらうため、ここはと思うカフェやジュースバーにサンプルを配っている。

先日、あるカフェのバリスタにサンプルを渡した時、オーナーが来る日時を聞いていたので、フォローアップに行ってきた。

カフェに行くと、あの時のドレッドヘアの黒人のバリスタ君が
「やあ!あのバー食べたよ。おいしかったよ!」
と覚えていてくれて

「今オーナーに知らせてくるから」

と言って、オーナーの一人をよんできてくれた。

商品の説明をして、では、どうぞよろしくお願いします...
と話が終わり、帰り間際にバリスタ君にお礼を言いに立ち寄ったら

「コーヒー飲んでいきなよ。何がいい?」

「じゃあ、レギュラーで」

と、お金を払おうとすると

「いいよ、いいよ。僕のおごり。」

と言う。

なんて良い人なんだろう。

ニューヨークのヒップスターたち、いがいにも、みんな優しい。

そこで感動してる場合じゃなくて、オーナーにつめないといけないんだけどね。

NYでフードコンサルをする知人によると、30~50店にサンプルを配って、1~2件決まれば良い方だそうだ。

オーナーに試してもらうために7回通った、1年半以上営業をかけ続けた...

なんてザラなんだって。

きっと何の営業でも、そうなんだろうけど。



実はコーヒーが飲めないのだけど、今日ご馳走してもらったコーヒーは1/3飲めた。

苦かったけどおいしかった。 

・・・・・・・・・・

☆ブログも更新中: NYでデトックス

Facebookに「いいね」して頂くと、ブログやウェブマガジン連載の更新状況が届きます。

・・・・・・・・・・

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

白石里美

ニューヨーク在住10年のライター。http://www.satomishiraishi.com/ 甘酒をアレンジしたオリジナル商品aminogloの販売製造も。

NYからの小話

ランチのお供に軽く読めるエッセイ集
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。