悪名高き白人至上主義者と会ってみた(後編)~トランプ大統領就任から一年のアメリカ

トランプ大統領就任から一年。アメリカでは「白人至上主義者」と呼ばれる集団が跋扈している。「遠いアメリカでの出来事だろう」という見方もある。だが、人種論争に無頓着な日本人だからこそ、彼らの思想を知り、自国に潜む問題を考える必要があるのではないか。ネオナチ政党の指導者マシュー・ハインバック(26歳)の単独インタビューの後編です。

■「白人国家」って?

去年10月、テネシー州で行われた白人至上主義者の大規模集会には三百人が参
加した。中年から初老の白人が中心。十代後半とおぼしき若者もいる。集会を組織したハインバックは、透明の盾を持った大勢の仲間たちに護衛されて歩いている。
参加者は一斉に「White Lives Matter」とシュプレヒコールをあげる。直訳すると「白人の命は重要だ」の意味だ。黒人の差別撤廃運動の「ブラックライブズマター」を逆手に取ったフレーズである。

右手を挙げるナチス式敬礼をし、「Blood and soil」と叫ぶ一団もいる。これは「民族の血と祖国」の意味で、ナチスが使った標語である。

ハインバックは街頭演説の最後に「ハイル・ビクトリー」と叫ぶ。まるで奇人変人たちがナチスのコスプレでもしているかのような光景が展開されている。

さて、インディアナ州のホテルの一室で行ったインタビューに話を戻す。私はハインバックに聞いた。

「あなたはヒトラーを尊敬しているのか?」

ハインバックは「尊敬している」とは明言しない。だが、こう言った。

「ヒトラーに限らず、ムッソリーニ、モズレーといったファシストのリーダーには見習うべき点が沢山ある。帝国主義下の日本も同じです。国家国民を守るために、一人の指導者の下に団結することは重要だと思うからだ。学ぶことが多い」

ナチスの人種的イデオロギーが自身の活動の根底にあることを覆い隠しているように聞こえる。

(下の写真。インタビュー中のハインバック氏。終始にこやかだが、否定的な質問を浴びせると、時折、険しい表情見せる)

ハインバックはいったいどんな国家を目指しているのだろうか。

「私の最終目標は将来、子供たち、アメリカの白人のために独立した母国を作ることです。私は異人種を攻撃するとか、運命をコントロールするとか考えているわけではありません。異文化の混在は、緊張を生み、対立を引き起こします。それぞれの人種が自分たちだけの母国を持つことが最も平和をもたらすと考えています」(ハインバック氏)

ハインバック氏が目指すのは白人国家の樹立だという。いま、アメリカ国内で白人と黒人の差別論争が起きるのは、文化が混在しているのが原因で、だからこそ、人種ごとの国や州に分かれて住めば対立もなく平和に暮らせる、という理屈のようだ。白人、黒人、ヒスパニック、アジア人・・・みな別の国に暮らすのだという。

そこで、挑発的な質問をしてみた。

「あなたは自分の息子が黒人女性と恋に落ちて、『パパ、あの娘と結婚したい』と言ったらどうするの?」

家族を例に出されたハインバックは眉をひそめ、憤慨するようにこう答えた。

「黒人女性との結婚は様々な意味で裏切りと見なします。もし黒人女性と結婚したら、息子は私たちの居住区には住めなくなります。私たちの先祖が何千年にもわたって血統を引き継ぐために闘い、犠牲になってきた。それを無にする行為は裏切りなのです。ですから私は子供や孫に、私たちの存在が消えてしまわないように教育するつもりです」

ハインバックは白人を「生物学的な優位性に満ちている」とは言わない。だが、人種間結婚を裏切りと見なし、白人の血統を希釈させまいとするその主張には、やはりナチスの思想が色濃く見えるのである。

(下の写真。「過激なテディベア」との異名を持つハインバック氏。その第一印象は、白人至上主義者のイメージとはかけ離れていた)

■世論調査が示す米国の変化

ハインバックはさらに続ける。

「いまは私の考えを、アメリカ国民の大多数が受け入れなくても、世論は変化しています。最近の世論調査を知っていますか?」

彼が挙げたのは、ワシントンポストとABCが実施した世論調査だ。それによ
るとアメリカ人の9%が「ネオナチの思想を受け入れる」と回答したというの
だ。数にすると2200万人だ。当然、そのほとんどは白人だ。

「これは興味深い調査結果でしょう?いまアメリカ国内で人種意識が高揚している証拠です。多くの白人が今の社会システムの中で権利を奪われていると感じているのです。いま、私が住んでいる町ではオピオイド(鎮痛剤の一種)中毒が大問題になっています。白人の若者、中年たちが希望や誇りを失い、捨てられたと感じていることが原因です。アラバマ州などでは白人たちが、中南米移民に仕事を奪われ、賃金が下がっています。ここでも人口構成が変化して、非白人が増えている。私たちは、これが進行するのを防がねばならない」(ハインバック氏)

(下の写真はハインバック氏が住む田舎町の風景。米中西部インディアナ州はラストベルト=さび付いた工業地帯と呼ばれる)

ハインバック氏は大学卒業後、メリーランド州から白人が大半を占めるこの町
に移り住んだ。活動に反対する両親や兄弟とは絶縁。連絡は取っていない。宅
配便のトラック運転手をしながら2人の子供を育てている。生活は豊かではな
い。

(下の写真。人影はほとんどなく、町の至る所にこうしたトラック専用駐車場がある)

正当化される暴力

被害意識を強調し、白人の文化や生活を守る、という主張は過激化し、暴力に
形を変えている。
去年8月、ハインバック氏たちがバージニア州シャーロッツビルで行ったデモは反対派との乱闘に発展した。そんな中、白人至上主義者が運転する車が反対派の群衆に突入。女性が死亡、多くのけが人が出たのだ。
このシャーロッツビルの悲劇に対してトランプ氏は当初、こう主張した。

「双方に責任がある。双方に責任があることに疑いはない。あなた方も疑いないはずだ」

自身の支持層を意識したトランプ氏のこの発言は、白人至上主義者による無差
別な殺傷を擁護するものとなった。
このトランプ大統領の姿勢は、ハインバック氏の身勝手な理屈に見事に反映さ
れていた。それはこんなやりとりだった。

A:罪の意識も後悔も全くありません。暴力をもたらしたのは彼らですから。私たちは自分を守っただけなのです。(運転手の)男性はバットや火焔瓶を持ったアナーキスト(無政府主義者)に取り囲まれ、攻撃を受けた。彼は命の危険を感じて車のアクセルを踏んでしまったのです。あれは殺人ではないのです。

Q:自己防衛だと?

A:まったくの自己防衛です。

Q:では、あの悲劇をどう考えている?

A:シャーロッツビルのデモは素晴らしい成功です。国家主義者としては過去25年間で最大のデモでした。私たち200人は町を練り歩き、共産主義者やアナーキスト(無政府主義者)の中を通り抜けました。夜のイベントも行いました。信じられない成功ですよ。大勝利です。

Q:あれが勝利なの?

A:大勝利。最高の勝利です。

Q:あなたは被害者の死に責任は感じない?

A:全く感じません。

ハインバックは笑いながら言ってのけた。白人国家の樹立を「平和のため」な
どと言っていたが、徐々に本音が出てきたのだ。そこに見え隠れするのは、理想実現のためには手段を選ばない、という危険な思想だった。

■日本人について聞いてみた

ハインバックはインタビュー中、北東アジアからやってきた異人種の私に敵意をのぞかせることはない。最後に一番聞いてみたかった質問をぶつけた。

「あなたは今、日本人の記者と話をしている。本当はいま居心地の悪さを感じているのではないか?アジア人のような異人種を憎んでいるのではないのか?」

ハインバックは「あんたは分かってない」とばかりに、ゆっくりと首を振った。

「日本人には連帯意識を感じている。私が今まであった日本人は、先祖と強い精神的な結びつきがあって、文化や遺産を大事にしている。国家主義者的な観点から見て、日本人は日本人であることを重要視しているように思います。それこそまさに、私たちがアメリカ人に教えたい、理想的なことなんです。日本では朝鮮人や中国人を排除しようという動きがあると聞きます。出生率が下がっている日本の人々は、私たち白人と同じように、自分たちの文化を維持することを望んでいる。たとえ、韓国人や中国人が同じ人種グループであっても、日本に定住して、特権を要求するのは許せないと考えているのでしょう。許されるのなら私は日本に行きたい。そのときは靖国神社に行ってみたい。戦没者は国家のために我が身を犠牲にした。国家主義者として彼らに敬意を表したい」

これは思わぬカウンターパンチだった。ハインバックは敵意を抱くどころか、白人至上主義と日本人に共通項すら見いだしていたのだ。
トランプが勢いづかせる排外主義、人種差別思想は、私たち日本人にとって対岸の火事ではない。移民どころか、難民にも門戸を閉ざす。同じ北東アジアの隣国からの人々を排除すべきだと叫ぶ集団が社会に跋扈し、ネット空間が差別的な発言で溢れる。日本は白人至上主義者にとって理想の国家像だったのだ。米国の異常事態を取材していたはずが、自国の現実を改めて思い知ることになてしまった。

差別主義が台頭したとき、重要になるのが社会の自浄作用だ。米国にはこれが存在する。白人至上主義者がヘイトデモや演説をすれば、一般の通行人が立ちふさがり、「Racist go home!(人種差別主義者は帰れ)」と抗議し、議論する光景も見られる。

フェイスブック社とツイッター社は、ハインバック氏のアカウントを閉鎖。人種間の憎悪を煽る発言を完全に排除している。

ハインバック氏は家族からも絶縁された。

雇用主も彼の活動を危険と見なしているため、ハインバック氏は職を転々とする羽目になっている。

さらに、イギリスもハインバックを入国禁止にした。

欧米社会には人種や民族、国籍を理由とする差別は醜悪かつ危険なものだ、という共通の価値観が存在する。米国の市民は、企業は、確固たる信念のもとに声を上げ、行動する。地表に這い出してきた危険な思想を懸命に地中に埋め戻そうとしているのだ。
翻って、白人至上主義者に「理想」された今の日本はどうなのか。私たちは今一度考えなければならない。思想を政治利用した米国の指導者の愚行と、社会の自浄作用から学ぶべき点があるのではないだろうか。

(写真は、2時間近いインタビューが終了したあとの一コマ。悪名高き白人至上主義者は、父親の顔に戻って妻子の待つ自宅に帰って行った)


23

竹内明

現場から、 ~TBS NEWS~

TBSテレビ報道局が運営するnoteです。記者個人noteやNEWS23スタッフnoteなどをまとめています。公式WEBサイトはこちら→http://news.tbs.co.jp
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。