パリの街でコレクションを見ながら考えるファッションのこと(後編)


前回に引き続いてヨウジヤマモトのコレクションを眺めながら考えたことを共有していこうと思う.やはりコレクションの空気はナマモノだと思う.それを共有しにみんな色々なところから来るんだからシャルルドゴール空港はでかい空港なんだなぁと思いながら.

この続きをみるには

この続き:825文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
落合陽一が見てる景色や考えてることがわかるエッセイ系写真集

落合陽一が日々見る景色と気になったトピックを写真付きの散文調で書きます.落合陽一が見てる景色や考えてることがわかるエッセイ系写真集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも応援してくださる皆様に落合陽一は支えられています.本当にありがとうございます.

落合陽一です! ありがとうございます!!
58

落合陽一

メディアアーティストで光や音や物性や計算機メディアの研究をしているような感覚的物書きで博士持ちのスナップシューターです.多様性社会を目指す波動使いの准教授.プロフ写真は©︎TAKAY

落合陽一の見ている風景と考えていること

落合陽一が日々見る景色と気になったトピックを写真付きの散文調で書きます.落合陽一が見てる景色や考えてることがわかるエッセイ系写真集

コメント5件

すれ違いざまの風にはためく布感にヨウジさんを感じられたという落合さんの感性に刺激を受けました。動く布を通して、使い抜いてきた時間を目の当たりにするような重厚さと、重厚だけど風にはためく軽やかさという、対極にある性質を併せ持っている質量を感じます。布がぶつかる音、緊張感ある生き様が聞こえてくるようです!
はためく布感、侘び寂びた美学を持ったヤンキーファッション、ボケた解像感くすんだ色と霞んだ布の中の表現、などを共有させていただきました。そして。折しもテレビでヤマモトヨウジ氏の特集番組が。「4、5歳の頃突然、色のついた紙が来て父親がいなくなった。その時からわたしは大人に対する怒りによって生きている。」徴用されるときは華々しく送り出され、けれど、お国のために、どころか、まるで何の尊厳もない命であったかのようになんの情もなく届いた死亡通知。幼いヨウジ氏のように、家族はみんな目もくらむ怒りと悲しみを抱いたはずだけれど風化させていく。妖怪を経なけれ意味がないと、又思いました。60余年にわたり燃え盛る怒り。そこを源とするボケた解像感、人の心に食い込み続けるアート。
ヤマモトヨウジ氏の優れた精神性も厚い支持を受ける理由の一つなのかもしれないですね。

白い木の床(に見えます)古い工場のような空間。印象的な照明に熱い熱気を帯びた客席。クールなモデルに風を受ける服。全てが計算されつくされたような格好良さ。緊張感も入れて、憧れる空間です。
ヤンキーファッションが侘び寂びへのミチを辿っている、っていうのが大変興味深いです!新たな視点いただきました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。