マーケティング勉強会タイトル

【参加レポ】パラレルキャリアのマーケティングゼミ

9月末、東京都内のオンラインサロン運営会社シナプス本社のセミナールームにおいて、パラレルキャリア向けのマーケティング講座が開催されました。
(講座ご案内はこちらから)

ゲスト講師はリクルート在籍時代からパラレルキャリアを始めて、今は独立しながらも複数の会社や団体でのキャリアを並行して走らせているという猪熊真理子さん。

主宰は私達choice!の母体となっているパラレルキャリアのオンラインサロン「Think In Move(TIM)」です。

第一部は、このイベントを企画したオンラインサロン「Think In Move(TIM)」主宰のあゆみさんより、「パラレルキャリアの7つの形」 のご紹介が。
TIMサロンが考えたパラレルキャリアの様々な形を7つの型にして、具体例を交えながらシェアしていただきました。

第二部は猪熊真理子さんによる「パラレルキャリアの実践マーケティングゼミ」

普段は起業をしたい方に向けてするものを、パラレルキャリア向けに展開してくださいました。
このあたりのことは「Think In Move」主宰のあゆみさんのイベントレポに詳しいです。

私自身は、マーケティングの勉強はもちろんのこと、自分自身の主宰グループの運営や勉強会の企画・実施に役立てたかったのもあって、スタッフとして企画段階から参加していました。

今回はマーケティングがテーマだったのですが、ブランディングの話もしてくださいました。
私はどちらも興味があるのですが、どちらかと言えば今私にタイムリーなのはブランディングの方。

パラレルキャリアにかぎらず、自分の商品・サービスの独自性って誰もが悩むことで、もちろん私もそのまっただ中。

でもそれって出そう出そうと苦労して出すものじゃなくて、すでにあるその個性をどう表現するかとか必要としている人に届けるにはどうするかとかそういう方面で考えを深めるべきなんだなあと実感した勉強会でした。

例えば私はバーチカルタイプの手帳を使った時間管理の講座を開催しています。

いわゆる単なる手帳の使い方講座との違いは、自分の求めている人生をつくりあげるために、自分の価値観や自分の時間の使い方に向き合っていただきます。

目標達成するとか夢をかなえるとかそういうんじゃなくて、もっともっとその手前の、思考と行動を一致させることに主眼を置いています。

いわゆる努力も、遊びも、リラックスも、家族との時間も、自分にとって大事なものは全部手帳に書き込んでいきます。
家族との時間は空き時間でいいやとか、時間があればでいいやとか、そういう発想でちゃんと時間が取れればいいけど、現実的にはかなり難しいんじゃないでしょうか。

私自身、そうやって本当に大事なものを大事にできなかった過去があるし、そういう人を身近で見てきました。

このへんのことは長くなるのでまた別の機会に書きますが…。
こういう、活動に対するその人の思いをしっかり形にすることの重要性を実感しました。

差別化できないって嘆くよりも前に、とことん自分や自分のテーマ(やりたいこと)の重みに向き合う。
今私はパラレルキャリア実践者の方に毎月インタビューをさせていただいているのですが、このあたりのことをどんどん突っ込んで、考えを深める機会に出来ればと思いました。

パラレルキャリアのオンラインメディア「choice!」でもレポートを担当しました。

単に講座の内容を羅列するんじゃなくて、何かメッセージを伝えられないかなと考えて、「一歩踏み出すための考え方」について書いてみました。

マーケティングゼミ受講後に考える、choice!流の「最初の一歩」とは

★ご協力いただいた皆様★

▶ケータリング:TIMサロンメンバーの大塚さんがパラレルキャリアで始めたYOROKOBI kitchenさん
訪日外国人観光客向け日本料理教室
http://www.yorokobi-kitchen.tokyo/
▶会場:オンラインサロン運営synapseさんオフィス
https://synapse.am/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

励みになります\(^o^)/
2

ohisamayoko

10年後の私のために、今日の1日を積み重ねよう。周りに流されずに、自分の人生は自分で作ろう。 人生理念は、愛・感謝・希望・貢献。 noteには、自分の考えを持つための日々の行動管理について書いています。運営しているオンライングループ「鉄板」「同じ釜の飯を食う(釜活)」の話も。

自分の意見が言えるようになるために

周りに流されずに、自分の人生は自分で作ろう。私は、自信って自分の意見を言えるようになることだと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。