出張の夜に

どこか遠くへ一人で行く時、例えば出張の時。
必ず、何か生き物の形をしたものを連れていく。
最近のお供は、充電ケーブルを保護するシロクマとマレーバクのアクセサリ。

出張のご褒美は、普段なかなか手に入らない一人の時間にあると思う。
独り占めできる部屋。いつお風呂に入ろうが、どんな姿でいようが、気にする必要がない自由気ままな時間。

だけど少し心細い。
もう大人なのになぁと思いながら、ホテルの部屋に帰ると彼らに「ただいま」と声をかけてホッとする自分がいる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

すごく励みになります。ありがとうございます。
3

小俣 荘子

わたしをかたちづくるもの

「私の形」をテーマに創作したものがたり #エッセイ #小説
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。