占いはカウンセリング

元々、カウンセラーになりたいと思っていた時期があり、だけど実際カウンセリングを受けてみてピンと来なかった過去がある(カウンセラーが単に合わなかっただけかもしれないが)。

色んな方を占わせてもらうようになって思うのだが、ある種の方は、アドバイスや解決法を望んで相談に来るのだけれど、いくら適切なアドバイスができたとしても、実際にそれを実行するのは2割程度だろう。
結局、考えて行動を決めるのは本人なのだから。
人は、例えそれが正しいことでも、自分で間違っていると感じていることはなかなか実行できない。

元々、人間心理というものが好きで、人間観察をたぶん普通の人よりはしながら生きてきたけれど、占いをするようになって、より真剣に人間を見るようになった。

そんなわけで、改めて人間を見ていくと、やっぱり、「女性は共感」「男性はプライド」の生き物なんだなぁ、と感じる。

だから、占いをカウンセリングだと考えると、当てることも、アドバイスも実はたいした重要じゃなくて、女性は共感しながら、男性は自尊心を満たしながら、結果を伝えていくのが大事だなぁ、と。

そうすることで、アドバイスを受け入れてもらいやすくなるし、心にゆとりが持てるようになれば、本人の力だけで冷静な判断ができる。

自分の状況と同じ状況になっている友達にかける言葉はどんなだろう?

例えば、その友達には優しい言葉をかけられるのに、それが自分のこととなると、全く同じ状況でも、厳しい言葉をかけてしまっていることがある。

この続きをみるには

この続き:0文字
記事を購入する

占いはカウンセリング

choroの「よもやま話」

1,200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1