【決勝】コミュセバトル優勝者プレゼン

さて、今回最後のプレゼンになります。

意気込みはこちら

一回戦はこちら

準決勝はこちら

それでは、宜しくお願いします。

最後まで、エビデンスに基づいたプレゼンに努めていきます。

決勝戦で与えられたテーマは、

決勝戦:令和時代のメディカルコミュニケーション

そう、ものすごくファジーなテーマです。

料理バトルだったとしたら、テーマは炭水化物と言わんばかりの広さ。

つまり、料理人次第です。

では、どんな料理になるか、ご覧ください。

2019年5月1日、令和時代に入りましたね。

時代はたしかに変わりました。

何が変わったのか?わかるような、わからないような。

書類にある、日付の修正が大変だったことは間違いないです。

令和時代になって変わること、そして変わらないことについて考えるのではないでしょうか?

そうです。時代とのコミュニケーションをすることで、令和時代のコミュニケーションについて知ることができるのではないかと、感じるはずです。


でもね、今回はそんな考えに反して、別の切り口から話をしたいと思うんです。


時代との対話や先を読むこと、流れを見極めることって、言うほどそんなに簡単じゃないんですよ。

できる人はいいかも知れない。でも、ぼく(わたし)はそうじゃないかもしれない。

だから、違う切り口を考えたんです。

時代と向き合う前に、どうしたらいいのか。

ぼくの答えは、自己との対話です。

人、そして情報が溢れるこの社会では、自分という存在はすぐに埋もれてしまいます。

自分が何者か、あなたは伝えられますか?

圧倒的な自己紹介は必要になります。ただ、そのために、自分との対話が必要なんです。

今日皆さんにお伝えすることは、自己を知るための四つの質問です。

この四つから、あなたのすべきことがわかります。

一つは、やりたいことができているかどうかです。これこそがあなたの“現在”です。

二つ目は、今の自分に満足しているか。これは自分の“現在”にどれだけ満足をしているかですが、満足していないほど“伸びしろや成長”が期待できます。

三つ目は、どんな自分になりたいか。これは自分の“方向性”が見えているかです。わかっていた方が良いですが、はっきりと見えてなくても進めている人は強いかもしれません。

最後は、そのために必要なものについて。つまり、自分の成長に必要なもの、環境が理解できているかです。これは今の所属が適しているのかも含めてです。

イギリスの伝説のロックバンド、oasisはこう歌っています。

“俺は俺じゃなきゃダメなんだ。他の誰でもなく”

これを読んでいるあなたも、例外じゃありません。

あなたはあなたじゃなきゃ、ダメなんです。

四つの質問で、自分が抱える問題に気付いたら、まずdoingを変えてください。

doingがすべてを規定するからです。


一回戦で言いました。

主体的行動が幸福の40%を左右するのだと。

行動、すなわちdoingこそがあなたの武器です。

そして、コミュニケーションの失敗を避けるためには、独りよがりに行くのではなく、常に自分の意見を提案してみましょう。

相手に選択肢とチャンスを与えましょう。


今回、ぼくが伝えることは“自己との対話”です。

時代が変わる今だからこそ、自分と向き合い、行動を変えようじゃありませんか。

ご静聴ありがとうございました。

では、また会う日まで。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

ot-suma

作業療法士のsumaです。作業療法士として11年目、修士や博士に行かずに、4年前から臨床しながら研究活動に従事してきました。大学院M1在籍中、このノートでは、学会発表や論文投稿をするための道筋について、僕なりの経験を共有したいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。