倉本莉亜さんのデビュー作が、BoC出版から刊行されます。

2018年夏、noteに彗星のごとく現れた10歳(小学四年生)の小説家、倉本莉亜さんのデビュー作、「皐月と美月の夏」が、AmazonKindleの電子書籍として、来る2018年12月13日にリリースされます。

プレスリリースはコチラ


OZZYが莉亜さんを捕捉したのが、セカンドハーベスト・ジャパンの食糧支援(たしか2回目?)に並んでいたときでした。

『こちらもおすすめ』にあった、莉亜さんのページのリンクを開き、読み始めたんです。

原色の風景、夏の日差し、潮風の香り。
「普通」とは違う生き方を選んだ、愛おしい登場人物たち。
そして、生き辛さを抱える2人のヒロイン。

この早熟な少女のキャラクターメイキング、構成力、文章力に、編集者として驚かされ、同じく生き辛さを抱える一人の読者として、小さなヒロインに感情移入しながら、読者として夢中で作品を読み耽ってしまいました。

いちファンとして作品を読んでいた僕でしたが、ふとしたきっかけで彼女の方からアプローチを頂き、僕が運営するBoC出版から、彼女のデビュー作を出版する運びとなりました。
(↓事の発端。コチラのコメント欄)

七家のキラキラの祈り石のような物語を、是非ご一読ください♪


このノートが参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート頂けましたら、泣いて喜んで、あなたの住まう方角へ、1日3回の礼拝を行います!

ありがとうございます!
47

健康で文化的ななんちゃらかんちゃら。

OZZYが福祉にリーチしてみたり、その中でもがいたり足掻いたりする様を、なるべく悲壮感なく書き連ねていきます。 なんかしんどいけど、世の中にどんなあるかわからない人のヒントになったらいいなぁー。
1つのマガジンに含まれています

コメント7件

オジーさん、たくさん直してくれてありがとうございます。13日が楽しみです!夏休みの時みたいに毎日は書けないけどこれからも頑張ります!
下北沢エンデさん>急展開ですよね♪
ユタカさん>すごいご縁よねー(*´∀`*)
莉亜さん>こちらこそ、ありがとうございます♪ 13日がたのしみですねー♪ 発売日まで、僕はもうひと頑張りしますよー♪
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。