Palette(パレット)多様性×インタビューメディア

「こうあるべき」を、超えてゆく。をテーマに、LGBTQ+、フェミニズム、多様性について、漫画やインタビューを通して発信しています。セクシュアリティやジェンダーにかかわらず、一人ひとりの選択肢が無限に広がる世界へ。7月の特集テーマは「#わたしの選ぶ未来」。

おしえて松岡さん! 7/21参院選、どこに投票するか決まっていないんだけど…

明後日、7月21日(日)に迫った参議院選挙。だけど仕事や学校が忙しくて、どこに投票していいのかまだ決められていない…明日も仕事でゆっくり調べる時間も気力もない!たくさんある政党の公約をいちいち見るのは確かに大変だし、何から見ていいのかわからない!
そんな読者の方も多いのではないだろうか。

それに、政党の意見と候補者の意見、普段ニュースで聞く政治家の発言もバラつきがあって、何を参考に決めたらいいの

もっとみる

もちぎさんと7/21参院選について話してみた 「あたいが日本の首相になったら…」

みなさんは、この不思議な生き物を見たことがあるだろうか…?

ふしぎな頭のかたちに、つぶらな瞳。口を開けばパンチライン。
彼はゲイ風俗やゲイバーの元従業員で、現在はTwitterで大人気の漫画だけでなくエッセイなども通して発信を続けるもちぎさん。最初に見たときは奥歯の妖精かとも思ったこの白いキャラクターも、慣れてくればかなり愛着が湧いてくる。

もちぎさんが漫画のなかで彼の分身を通じて発信するのは

もっとみる

森口博子が結婚を選ばないワケ

「結婚しないの?」「女の幸せは、やっぱり家庭だよね」なんて、女として生きていれば、まだまだそんな風に言われることもある。

それでも、結婚を選ばなかったひとりの女性がいる。17歳でデビューし、歌手・タレントとして活躍する森口博子だ。彼女は現在50歳。

決して結婚のチャンスがなかったわけではない彼女は、どうしてその道を選ばなかったのか。

今回Palette事業部は、森口さんへのインタビューを通し

もっとみる

声を上げることは、自分を大切にすること 山本和奈が考える"政治"

「週刊SPA!」による「ヤレる女子大生RANKING」に抗議して署名活動を開始した山本和奈さん。彼女はその後VoiceUpJapanという団体を立ち上げ、多くの人が声を上げられる社会を作るための活動を続けている。彼女の署名活動開始のスピード感と、その後編集者との対話へと展開する力に、私は大きく刺激を受けた。

実は彼女はこのVoiceUpJapanの他にも、南米の教育問題に取り組むNGO、エシカル

もっとみる

同性婚訴訟を傍聴して感じたことーすべての人が"想定される"社会に向けて

生まれた家柄や、性別、障がいの有無、お金持ちかそうではないかに関係なく、私たちは平等であり、そして誰に決めつけられることなく、愛する人と結婚することができると思っている。なぜなら、私たち一人ひとりが法の下で平等であること、そして結婚の自由が"憲法"によって保障されているからだ。

国の決まりで一番大切と言える憲法をもとにして、いろいろな法律が決められているのが今の日本。でも現実の社会はまだまだ平等

もっとみる

小学6年生が受け止める"多様性"の意味

–––突然ですが、みなさんに質問です。日本の人口に対する神奈川県の人口の割合は、約何%でしょう。正解は、約7.5%です。一見少ないように聞こえますが、神奈川県の人口は、全国2位なので、それほど少なくありません。この割合は、全国にいる「LGBT」の方の割合と同じくらいです。–––

よこはま子ども国際平和スピーチコンテストのクラス代表に選ばれた横浜市の小学6年生、R.I.さん(仮名)は、6年生の同級

もっとみる