写真の上達とは

写真を始めた頃は、いろんなルールに縛られています。

絞りはいくつ、構図はポイントを三分割ラインに置いて、ホワイトバランスは少し青めにしたほうが「やった感」がでるかな、露出は白を飛ばさないように気を付けて…。

いろんなことに縛られながら撮り始めます。

だってそうしないと撮れないから。


基礎をひと通り身に付け、ある程度撮れるようになってくると、その縛りは高度なことに移行していきます。

露出や構図といった具体的なことから、ビジョンや美意識といった抽象的なことへ。

いかに自分のビジョンを体現した写真を撮るか。

そこにポイントが移行します。

撮り方に工夫を凝らし、現像処理を何度も調整し、自らの求める絵に近づこうとします。

写真の上達とは、いかに崇高なビジョンを持つか、そしていかにそれを忠実に体現するか。

そういうことになっていきます。



それは「求心力」という力の働き方です。

「縛る」とは、「ギュッとまとめる」という力の働きです。

それが生み出す結果は、「到達」「達成」「成就」。

そういうものです。

力み、頑張りの成果です。



自然の摂理に従うなら、次に進むのは「解放」という動きです。

まとまったものが、解けていく段階です。

力み、頑張りが弛んでいき、力が抜けていく段階です。

「別に白が飛んでもいいし、多少構図がズレても構わない」

縛りは一種の緊張感をともないますが、解放の段階では、その緊張感がどんどん弛んでいきます。

縛りからの解放。

それはすなわち「自由」です。


「自由に撮る」とは、「好きなように撮る」とは違います。

好きなものを好きなように撮るとは、違います。

自由に撮るとは、縛られていない、ということです。

つまり、好きじゃないものを好きじゃないようにも撮れるのです。(笑)


上達とは、自由です。

縛りからの、解放。

「どうしなくちゃいけない」「どうであるべき」からの解放。

撮り方からの解放、機材からの解放、そして美意識からの解放。


求心力が臨界に達し崩壊すると、弛緩し、拡散し、最終的には無に帰します。

無からやってきたものが、また無に帰ります。

右も左もわからない、まるっきりの初心者だった「無」から始まった我々の旅は、また無に還っていきました。



上達の最終段階、「無」へと至った人は、まるで初心者のように撮ることでしょう。

露出もルーズ、構図もアバウト。

「君なにもわかっていないね」

きっと初心者の人にも言われてしまうことでしょう。(笑)


では初心者の人と何が違うのでしょう。

きっとその人は、初心者の人に向かってこう言うでしょう。

「君の写真は素晴らしいね」


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

29

上原京平

テクニックの先にある写真

写真をテクニックやハウツーで撮る時代が終わった方へ。その次の写真へのご案内。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。