【011】たこ焼き風コロコロ豆腐

家でたこ焼きをしていた時に偶然生まれたメニューです。

たこ焼き機を持ってる方は、自宅でもたまに作るんじゃないかなと思います、たこ焼き。
で、一通り焼き終わって「まだ何かつまみたいな〜」って感じで、空いた穴で余ったソーセージなんかを焼き始めることってありません?
以前そういうタイミングの時、「そういえば冷蔵庫に豆腐が残ってたな」と思って何気なく焼いてみたら、予想以上におもしろいことになったんですよね。

では実際に作ってみましょう!


■材料
・木綿豆腐
・油
・調味料(好みで)

全て適量目分量


■作り方

豆腐を3〜4cm角に切って、温めて油を引いたたこ焼き穴にポトポトと落としていきます。
※手前は普通のたこ焼きです。まぎらわしくてすみません!

たこ焼きを作った後のプレートなので見苦しいですが勘弁してください。
まぁ実際、わざわざきれいに拭くこともないし、むしろそのままの方が味わいが増す気がします。

僕は木綿豆腐でしか作ったことないんですが、絹でもいけそうな気もします。こんど試してみますね。

しばらくして優しく返してみると、穴に接地していた面の角がこんな風に取れてます。
なんかかわいいですね。

たこ焼きと同じ要領で、しばらくコロコロ転がしながら焼きましょう。

すっかり丸く!

表面に焦げ目がついて、中がグツグツいってるような感じになれば、箸でも竹串でも持ち上げるられるようになってるはずなので、

皿に盛って、

ソース&マヨをかけて、

カツオ節や青ノリなどをふりかけたら完成!

もはや、どっからどう見てもたこ焼きにしか見えなくなりましたね。

食べてみると、外はカリッ、中はトロッ。
豆腐の原料である大豆の味もしっかりと主張してくるし、具も入っていないので完全ではないんですが、意外にも6割くらいたこ焼きな感じ。
パクパク連続で食べていると、どんどんたこ焼きっぽく感じてきて、ビールのつまみに最高!


むしろ、たこ焼きってほぼ小麦粉だし、油もたっぷり吸うし、こっちの方がヘルシーかつスナック感覚で食べられます。
タコパをする時に生地の量は半分にし、こっちもいっぱい作って交互に食べても良いかも。
あと、急にたこ焼きが食べたくなったけど家に豆腐しかない時! ギリギリ代わりになります!


ちなみに焼いただけの豆腐はいわゆる「厚揚げ」みたいなもんなので、ネギを散らして醤油で食べても美味しいと思いま〜す。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

50

パリッコ

スキマレシピ

バカらしくて誰も試さないようなレシピや、なんとか手を抜いて酒のすすむおつまみが作れないかの実験記録です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。