株式会社PATRA、資金調達のご報告&今後の展開について

はじめまして。PATRAの海鋒です。

この度、株式会社PATRAは事業拡大に向け、既存投資家のグローバルブレインや新規投資家の株式会社AGキャピタルを引受先とする第三者割当増資を実施いたしました。今回の資金調達ラウンドは今後も追加クロージングを実施していく予定です。

PATRAは
おもしろいから、買い物を新しくしてみる。
を実現するべく、リテールテック領域のトッププレイヤーのポジションを確立すべくECプラットフォーム「PATRA MARKET」を中心に事業拡大してまいります。
ユーザーに新しい購買体験を届ける、ユーザーのためを考え抜く姿勢を貫きつつ、より大きな既存リテール業界のゲームチェンジに向けてシステム・オペレーション投資にも資金を投下してまいります。

弊社の強みは「トレンド x テクノロジー」です。

トレンド分野でいうと、所属インフルエンサーと社内アカウントのInstagramフォロワー合計が70万人を突破するなどSNSマーケティングに注力してきました。
POPUPイベントでは2週間で1300万円の売上を達成するほどSNSを中心したコミュニティを作り上げてきました。

一方で、見えない部分であるシステム・オペレーションにも自信をもっています。
弊社の販売プラットフォームから商品管理システムまで全てフルスクラッチにこだわって開発を進めてまいりました。BaseやShopifyなどを利用して販売するなどの選択も増えているなかで、新たなリテール業界の発明に向けてフルスクラッチを選びました。

軽視されがちなオペレーションの部分も力をいれてきました。
全ては信頼を得るためのユーザーに対する最低限の約束だと思い先行投資も惜しまずに進めてきました。
普通のことですが、商品は品質表示タグをつけた上で注文から最短翌日、最低でも出荷予定日を明らかにした上で国内倉庫から発送できるロジオペレーションを作ってきました。
また、海外拠点での細かいオペレーション設計や国内のCS改善により返金率を1%以下に抑えることができております。

全てがそろってこそリテールをテクノロジーで変えることができると信じています。

今後のPATRAの展開について

新たな"買い物"を作っていくため、大きくわけて以下の分野に先行投資していく予定です。

韓国法人の設立とOEM事業

現在の韓国の提携先を接収する形で現地法人を設立し、完全な自社オペレーション・物流網を設立していきます。加えて、現地にアパレルのデザイン・生産管理機能を立ち上げます。

この韓国の機能を一部外部に解放して、
誰でも個人のインフルエンスで商品開発ができるOEM事業
を展開する予定です。

オフライン店舗も含めた購買体験の創出

オフラインも含めたリテール業界の再発明を行うため
オンラインとオフラインをシームレスに統合する

をテーマにシステム投資と店舗開発を進めてまいります。

現状稼働しているシステムでは以下のようなものがあります。

自動MDシステムの開発

需要予測だけではなく、仕入予算に合わせた最適な発注方法を提案するアルゴリズムサーバーの開発を進め、リテール業界から属人性を排除します。

また、PATRA MARKET自体のUI/UX改善やメディア面のアルゴリズム開発を進めオフラインも含めた在庫最適化を行えるシステムの開発を進めます。

新規ブランド設立とブランドM&A

伸び悩んでいるブランドや課題を抱えるブランドをPATRAのオペレーションに統合することで新規ユーザーの流し込みとオペレーション効率化により売上増加から利益貢献までを目指します。

最後に

今後もこのブログで会社の情報を発信していこうと思いますのでぜひフォローお願いします。

夏明けに大きなリリースを出せるようにPATRAではコツコツと仕込み作業をやっております。まだ、具体的にお知らせできないため今回はnoteでのお知らせにとどめておいております。
 新しい小売の未来をみなさんにお見せできるように鋭意作成中です!

その際に取材いただけるメディア様やPATRA MARKETのOEM事業や出店などを検討されている方は、info[ a ]patrainc.jpまで、もしくは海鋒のTwitterまでご連絡ください!

PATRAでは一緒にリテールの未来を作ってくれる方を募集しております。ぜひ応援よろしくお願いします!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

35

PATRA,Inc

株式会社PATRAの会社ブログです! 採用情報はこちら。 https://www.wantedly.com/companies/patra

お気に入り

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。