ガラパゴス諸島に1人旅してきた

2018/9/15-24 に,ガラパゴス諸島へ1人旅に行ってきた.ずっと行ってみたいと思っていたところに,さまぁ~ずの旅番組で特集が.これは行くしかないと思い立ち,7月にフライトのチケットを取った.

まず AeroMexico 航空で,メキシコシティ経由でキトへ.そしてエクアドルの国内線 Avianca 航空で,キトからガラパゴス諸島のバルトラ島へ飛んだ.トランジットの時間も長く,往復それぞれ2日ずつかかった.移動だけでかなり疲れ,もう若くないことを痛感.

空港に着き,まずバスでバルトラ島の港まで移動.そしてフェリーでサンタクルス島に渡り,そこからプエルトアヨラまで移動してホテル ( Finch Bay ) へ.ホテルはビーチのすぐそばで,海がめっちゃきれいだった.

荷物を置いて街に繰り出すも,日曜ということで店の多くが閉まっていた (スペイン圏なので).平日だと魚市場とかやっていたらしいのだが残念… 

プエルトアヨラはとても小さな港町だった.お土産屋さんが並んでたのでぶらぶら見てまわって,晩ご飯を食べてホテルに戻った.フライトと時差で疲れていたのですぐに寝た.

2日目からは,クルーズツアーに参加.ツアーはあまり好きではなく,1人旅の時はいつも自分でまわるのだが,ガラパゴスに関してはツアーでないと行けない島が多いため,やむなく参加することに.自分の滞在期間にフィットしたツアーを Santa Cruz Ⅱ で見つけ,それに参加した.ガラパゴスに行く直前までは,現地で適当にツアー探したらいいかって思っていたのだが,直前になってちょっと不安になってきて,日本から申し込んで行った.

1人参加は自分と Korean 1人くらいしかいなくて,ちょっと寂しかった.また,クルーズでは5日間インターネットなしの生活で,たまにはデトックスもいいなあと思った,

クルーズでは,4泊5日でガラパゴス諸島の北方の島々をまわった.諸島全体が動物園や水族館のようで,イグアナ,アシカ,ウミガメ,ゾウガメ,ブービー,… と,独自の進化を遂げた動物の数々を目の当たりにすることができた.島によって生息している動物が違って,5日間とも飽きずに楽しめた.

トランジットでは,メキシコシティで行き帰り1日ずつ街に出る時間があった.行きはちょうど独立記念日と重なっていて,店はことごとく閉まっていた.ソカロ (中央広場) ではイベントをやっており,セキュリティガードが大量にいた.お昼は TOKS でタコスを食べた.

帰りは早朝5時にメキシコシティに着き,そのままテオティワカン遺跡に行った.めっちゃ壮大で,1周するのに2-3時間くらいかかった.朝早すぎて誰もいなくて,帰る頃にようやくポツポツ人とすれ違った.

死ぬまでに行ってみたい図書館に選ばれた,ヴァスコンセロス図書館にも行った.本棚が宙に浮いていて,SF 感がすごかった.

海外に行くとリフレッシュになるし世界も広がるので,これからも年に1回くらいは行きたい.来年はどこに行くか今から考えている.


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

ぴかし

コメント1件

す、すごい! いい刺激をもらいました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。