呼吸をすること

楽しい毎日、忙しい毎日、日常生活で呼吸は誰しもがしています。穏やかな呼吸の日もあれば慌ただしい呼吸の日もあります。怒っている時なんか、どんな呼吸しているでしょうか。

生きていく上で呼吸は必要不可欠な生理現象です。ですが、呼吸に意識を置くことって中々ないですよね。あなたが浅い呼吸をしているのか、深い呼吸をしているのか、それも案外わからないものです。

呼吸はその時の身体の状態で変わります。穏やかに和やかに過ごしてる時はゆったりたっぷり呼吸できていることでしょう。

それとは反対に怒っている時や慌ただしい時、忙しい時は浅い様な呼吸をしています。その時、その時で観察してもらうと面白いです。浅い呼吸をするとどうしても酸素が薄い状態になります。結果的に頭が痛くなったら、ボーッとしたり、肩が凝ったり、血圧が上がったり。呼吸は心と身体と一心同体だなと思うことは多々あります。

呼吸=心と身体
呼吸=感情を作る
呼吸が姿勢を作り姿勢が呼吸を作る
呼吸が活発になると身体の内側から活発になりコア(体幹)が安定する

まだまだ他にもありますが、これを見て頂くだけで身体と密接に繋がっているなと思いますよね。

僕はピラティスのレッスンをしてますが、60分間ずっと呼吸を誘導しています。そしてレッスン中、受けてる方は誘導から意識して呼吸をします。

ピラティスの良い所は普段は意識して行わない呼吸をレッスンを通じて意識して呼吸をすること。浅くてもレッスン後には深い呼吸が出来て酸素もたっぷり、頭の中もスッキリ、身体はリフレッシュしています。

1日の何処かであなたの呼吸を気にかけて
一度、深呼吸をして沢山の空気を吸って吐いてみてください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

堀江 卓嗣

ピラティストレーナー/ボディワークセラピスト。岐阜市長良福光にあるピラティスルームで個人セッションやグループレッスンをしています。愛知県や企業に向けた出張レッスンも行なっています。地に足をつけて凛々しく穏やかに。 HP→http://pilates-gifu.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。