週刊少年松山洋_タイトル_修正

第165号『ただ観てきただけで何がそんなに偉いんだよ?』

同じ世代(40代)のクリエイターが集まって飲み会をやるとだいたい“今どきの若い者は~”というお決まりの文句から駄弁りが始まっていたものでした、ほんのちょっと前までは。

ただ最近はちょっと違います。

これはある40代のおっさん達の「愁い(うれい)」の話。

*「愁い」=悲しみ 「憂い」=心配

先日の飲み会で(ある人から)こんな話がありました。

“最近ってさ、色々とさ、昔に比べてもほらコンプライアンスとかハラスメントとかいっぱいあるじゃん。息苦しいってわかっていてもおじさんなりにやっぱ気を付けているワケですよ、若者と接するときは。あんまり強く言うと辞めちゃったりするし、さ。ただね、こないだなんかあまりにもブチ切れたというか、いや、切れてはいないんだけど、結局は、ね。それを今から話すんだけど、おい、ぴろし、聞いてくれる?”

“あ、聞いてる?うん、話すよ。あのさ、こないだ新人にさ、面と向かって「〇〇さん、凄いです」って言われてさ、いや、それ自体は別に切れないよ?そりゃそーじゃん、「凄い」って言われてるんだから悪い気はしないでしょ?ただね、トートツだったからさ、思わず「なんで?」って聞き返したのよ。「なんで俺のことを凄いって思ってくれたんだい?」って意味でね。そしたらさ、「だって〇〇さん、今までのガンダム全部観てきてるんでしょう?」って言われてさ。「え、うん、そりゃあ、ね、観てるよ、え、で?」ってリアクションしたら「うはー、やっぱり凄いです~」って言われてさ。なぁ、ぴろし、意味わかる?”

“そうなんだよ、俺のことを「凄い」って思う理由が「ガンダムを全部観てるから」ってことだったんだよ。もう、さ、俺アタマに来てさ、いや、本当に瞬間的にヤカンがピィーーーッ!って頭の中で鳴ってさぁ、え?この表現も古い?うるせえな、いいだろ、そこは、続きをしゃべらせろよ、全く。いや、だってさ、そりゃあ観てるよ、観てきてるよ、「ガンダム」は全部!『機動戦士ガンダム』から『Z』『ZZ』『逆シャア』『0080』『0083』『F91』『V』『W』『G』『X』『08小隊』から『ターンA』『SEED』も『DESTINY』も『00』『AGE』『UC』『レコンギスタ』『オルフェンズ』だって、なんなら『ビルド』シリーズだって全部観てるよ!悪いかよ!”

“だって好きなんだからよ!観るさ!観てきたさ!もちろん全部が全部を傑作とか言うつもりはないよ、そりゃそーだよ、これは肌に合わないなー、って思う作品もいっぱいあったよ?けど、それも観ないと判断できないワケじゃん?そうなると新作が発表されるたびに「とりあえず観るか」ってなるよな?つか、お前もそうだったろ?ぴろし。え?いいから話を進めろって?わかったよ、いや、それでさ、俺はその時に思ったわけよ、なんで「観てるだけで凄いんだ?」ってさ、そーだろ?俺らは「ただ観てきただけ」だよ?なんも凄くなんかないわけじゃん?俺らが思う「凄い」ってゆーのはさ、観てるだけじゃあなくってさ、「そこ」から派生した外側を如何に抑えられてるかがキモであってさ、わかる?富野さんの小説をちゃんと抑えてるかどうかで変わってきたりするわけじゃん、話が、さ。”

“他にもバンダイの『MSV』とか『MS-X』……って、あれね?『MS-X』って『ペズン計画』ね、え?あ、わかってる?なら『M-MSV』『MSV-R』とか、『CENTURY』の『ザクバリエーション』とかってことだよ。俺は、さ、『クロスボーン』の話とかをしたいんだよ!?もっと「長谷川裕一」について語り合いたいんだよ!『外伝』の『ブルー・ディスティニー』の話とかをもっとしたいんだよ!?ああ、もう、ゲームの話になっちゃったよ、いいか、もう、この際だからもっと言うぞ?俺はもっと『G-SAVIOUR』の話とかもしたいんだよ!?え?ぴろしは『MS IGLOO』はどーだったん?え?やっぱ微妙?え?話がズレてきてるって?ズレてねーよ、全然!結局は『サンダーボルト』はどうかってことじゃん!『NT』はどうだ?ってことだろう!?俺はそういう話がしたくって、そうして初めて「凄い」って言われて、「そんなことないよ、好きなだけだから」って言いたいんだよ!!!”

“もちろん今の若い人たちに「生まれる前に放送されていた作品を全部観ろ」なんて言っちゃあイケナイってことはわかってるよ?そりゃ、観れるわけないんだからさ、けどさ、そこもホントはさ、「俺らだって生まれる前に作られた手塚治虫作品は物心ついた頃に初めて知って慌てて後から全部読んで抑えたけどな!」って言いたいんだよ!存在を後から知ってなんとか人のつてを辿って『DAICON FILM』のビデオを手に入れて観たワケじゃん!?”

“結局はそーゆー生き物だろ?俺らって?そーゆーのが「凄い」ってことであって、それが足りない奴は「大したことない奴」ってレッテルを貼られたっていいわけじゃん?「好き」ってそーゆーことだろ!?ぴろし!?”

“それを、それを、「ただ観てるだけ」で凄いなんて言いやがって、ふざけんなよ、なんだよ、それ、なんにも凄くなんかねーよ、偉くもねえーーー!!ただで放送してるTVアニメ観てるだけのやつが凄いわけねーだろ?ただ好きで観てきただけじゃねーか、オレを、オタクを馬鹿にするのもいいかげんに、うう、うっ……(嗚咽)”

――――終了。

はい、この後しゃべってた本人が潰れたので自動的に話はここで終了したわけですが……おっさんの「愁い」はいかがでしたか?

確かにこのおっさんの言っている通りなのかもしれませんね。

ある意味オタクの矜持とも言える部分なのかもしれません。

ただ一方で、同時に、「観てるだけ」でも凄いと評価される時代であることは事実なんだと思います。

“少年ジャンプを40年以上1号欠かすことなく全ページ読み続けていることだって他にそんな人がいなければ武器になる”

“『仮面ライダー』や『戦隊シリーズ』を今までに製作され放送された全部を観てきている人間が希少というのであればそれはもう個性となる”

そういうことなのかもしれませんね。

だって他に“そんな人いない”って言われればきっと“そう”なんでしょうから。

たださすがに最近苦笑したのは

“『ジョジョ』を全部(第1部~第8部まで)読んでるなんて凄いです”

って言われたことですかね。

つか、なんだそりゃ、いいかげんに(略

――コホン。

うん、大丈夫。

自分のモノサシはみんな自分で決めましょう。

周りがなんて言って“褒めよう”とソレに振り回されることなく、自分のカッコ良いモノサシ”でしっかりと判断して、正気を保ってブレることなく生きていきましょう。

大丈夫。

意地張ってりゃそのうち良いことがあるから。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
93

松山 洋 サイバーコネクトツー

株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役 ゲームソフト開発タイトル代表作『.hack』シリーズ 『NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメット』シリーズ 『ジョジョの奇妙な冒険』 著書『エンターテインメントという薬』『熱狂する現場の作り方』漫画『チェイサーゲーム』

#ゲーム 記事まとめ

noteに公開されているゲーム系の記事をこのマガジンにストックしていきます。PlayStation 4、Nintendo Switchなどのビデオゲーム、ソーシャルゲーム、ボードゲームなど。
4つ のマガジンに含まれています

コメント3件

ちょっと深い話かもしれないなと思いました。当時と今の視聴環境を下敷きにすると彼らが感じた「すごい」の正体が違って見えるかもしれませんね
遡ってのコメント失礼します。ガノタの某クリエイターさん側の意見も、新人さん側の意見も両方なるほどなーと思います。

いわゆるヲタク的に、ひとつの作品ひとつのシリーズを好きになって、何から何まで観てしまう気持ち。すごくわかります。新人さんはそういう作品に出会えてないという理解で間違いないでしょうか。もしくは、好きな作品があってもライトに好きなだけで、そこまで足を深く突っ込んでいない?

あとは一般的に言う趣味の多様化と言いますか娯楽の多様化。これのせいでひとつの作品やひとつのシリーズに心ゆくまで足を深く突っ込めない、という問題?がある気がします。(続く)
連投失礼します。

40代、30代、20代、10代と10年ごとに区切るだけでも、若い世代に行くにつれ加速度的に趣味や娯楽って増えて行ってるので、若い世代ほど選択の幅が広過ぎて足を突っ込めないような気がします。

なので、ちょっとでも多趣味になってあれこれ目移りしてしまった人は、それぞれを掘り下げるには時間が足りなくて結果足を深く突っ込んでいる娯楽がない。故にガノタの先輩クリエイターさんに、素で凄い!と言ってしまうのでは。

そこから一皮めくれる為には、本気で時間を捻出するしかない。睡眠時間を削るか、ご飯食べながら30分アニメを1本ずつ消化するか、移動の時間に映画1本観るか、仕事を早く終わらせて空いた時間にゲームを進めるか、家に帰って○時から○時は娯楽の時間!と決めてその時間は必ず娯楽の時間に充てる、とか。

こういう時間の捻出を本気で出来る人だけが、娯楽に足を深く突っ込める幸せな人だと個人的には思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。