「高慢と偏見」が韓国で演劇化

私の大好きなジェーン・オースティン「高慢と偏見」が韓国で上演されます!

演劇作品なので韓国語ができない私にはハードルが高いけど、作品は熟知してますからそこはクリア。公演中に渡韓を計画せねば。それでなくても、チョ・スンウが「スウィニー・トッド」に出演するニュースもあったしね。

さてさて、この「高慢と偏見」ですが、18世紀末のイギリスの田舎町を舞台に、そこに住むベネット家の5姉妹の次女エリザベスと裕福な独身男性ダーシーが出会い家族や親戚、周囲の出来事など紆余曲折ありながらも恋に落ちて行く2人の様子が描かれています。ツンデレ男子が出てくるラブコメ好きな方にはもれなくおすすめの作品です。これまでパロディ作品も含め映像化された作品は多々あれど、私は英国BBCでダーシーをコリンファースが演じたドラマが一番好き。彼を上回るダーシーが今回の韓国で見られるのか、今から楽しみです(まだ観に行くと決まってないけどwww)。ミュージカル「足長おじさん」を演出した方がこの作品の演出を務めるそうなので、安心して作品を楽しめそうです。

そして、この作品が上演されるのは、忠武アートセンター 。地下鉄6号線の新堂(シンダン)駅からすぐです。もし、ここに観劇にきたなら、今の季節ならぜひ行って欲しいパッピンスのお店をご紹介。

「北海氷水(プッケピンス)本店」です。新堂駅から劇場を越えて東大門方面に向かう途中にあります。劇場から数分の場所にあるのと、営業時間が基本24時間なので観劇後にもラストオーダーを気にせず食べられます。韓国のパッピンスというと、ミルク氷は定番ですが、ここはそのブレンドにこだわっていて食感もさらっとさっぱり。私は付け合わせのあんこもお気に入りです。

徒歩圏内にに激安コスメショップ「THE MASK SHOP」やアクセサリーの問屋街があるので、そのまま深夜まで東大門ショッピングも可能。韓国らしい旅も体験できると思いますよ。

「北海氷水 本店」の詳細は、コネストさんをどうぞ。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

PON>>編集者/ライター /PR。編プロにてアイドル誌、演劇誌の編集(約12年)→韓流雑誌編集部を経て、2013年よりフリー。韓国情報WEBメディアの企画運営、宣伝、キャスティングなどを手がけています。仕事相談・依頼はお気軽にどうぞ→pon_3140@yahoo.co.jp

ありがとうございます^^

pon34

子どもの頃からテレビっ子。私がその日に気になる韓国エンタメを中心に書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。