アルデンテは少数派?世界「茹で時間」事情。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです
25

£ (ポンド)

ロンドンおさなご育成記

ロンドンで娘を育てていた2015.9〜2019.2のアレコレ。

コメント4件

イギリスの小麦粉入りのグデっとしたウィンナソーセージ?
ありゃなんとかならんかいな。
パリっとした、しっかりしたのが良いと思うけど。
ピッピさん それも悪名高いですよね。でも皮を破かないようにしてこんがり焼くとジューシィで美味しいです...実は我が家では結構好きでよく食べます^^ ちなみにこちらの人にいわゆる日本の「シャウエッセン」系のウィンナーを出すと「Japanese sausages are scrumpcious!!」と大変好評です。ドイツのものともまた違うとの感想で。
リストにありませんが、インドネシアも麺柔らか派ですね。インドネシア人の妻曰く、固いと火が通ってなくてお腹壊すイメージがあるとか。
インドはデリーとムンバイで食べたことありますが、柔らかかったです。
碇 邦生さん インドネシアもですか。理由まで…なるほどイギリス人の方の「規定時間以上茹でておけば安心」という心理と少し似ていますね。フィリピンとシンガポールが麺柔らかですから東南アジア系は柔らかいのかな…そしてインドはやはりイギリス領だったから柔らかいのかな?教えていただきありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。