傷寒例第三 02

其傷於四時之気.皆能為病.以傷寒為毒者.以其最成殺厲之気也.
中而即病者.名曰傷寒.不即病者.寒毒蔵於肌膚.至春変為温病.至夏変為暑病.暑病者.熱極重於温也.
是以辛苦之人.春夏多温熱病者.皆由冬時觸寒所致.非時行之気也.
凡時行者.春時応暖.而反大寒.夏時応熱.而反大涼.秋時応涼.而反大熱.冬時応寒.而反大温.此非其時.而有其気.
是以一歳之中.長幼之病多相似者.此則時行之気也.

〈ポイント〉

・四時の気候の害の中でも、傷寒が最も激しい
・寒に触れても、すぐに発病するものと、春や夏になってから発病するものがある
・持ち越して発病する病と紛らわしいのが、時行の気というものがある
・時行の気とは、その季節の本来でない気候のための病

この続きをみるには

この続き:853文字
記事を購入する

傷寒例第三 02

にしずか Labo

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

こんにちは、「にしずか Labo」です。 私たちは電子コンテンツを活用し、出版社や部数にとらわれることなく少人数を対象にした情報発信や、販売部数の読めない若手・新人などの発掘・育成、経絡治療の普及・伝承に努めてまいります。 ご支援ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

スキありがとうございます!
1

週刊 にしずかラボ

経絡治療の学びをサポートします。 経絡治療の蔵象学・講義ビデオ公開・経絡治療家のための漢方講座・経絡治療Q&Aなど、配信していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。