「なんで、中目黒を選んだんですか?」中目黒男子のファッション事情。 #私たちの買い物白書

「現代はモノが売れない」と言われますが、人はモノを買わなくなっているのではなく、買いたいものが変化しているにも関わらず、供給側が時代に追いつけていないだけなのではないでしょうか。

そんな思いからはじめた「#私たちの買い物白書」。

大学生やOL、ママといった立場の違いや職業の違い、居住地の違いなど、それぞれの属性でどのように購買行動が異なるのかを探るインタビューシリーズです。

第六弾となる今回は、シリーズ初の男性へのインタビュー!オシャレ男子の代名詞・中目黒在住の3人に、リアルな買い物事情を伺いました!

【目次】
1.○歳以上で中目黒に住むのはダサい!?男子の目から見た"まち"の色
2.男子がファッションに目覚めるタイミング。
3.20代後半男性は雑誌の空白地帯!中目黒男子が読んでいるもの。
4.中目黒男子がよく行くお店、教えてください!

1.○歳以上で中目黒に住むのはダサい!?男子の目から見た"まち"の色

▲お話を伺った堀口英剛さん(左奥)、平岡雄太さん(左手前)、くいしんさん(右)。

今回お話を伺ったのは、中目黒在住の男子3人。

ガジェット・モノメディア「monograph」編集長の堀口英剛さん、ファッションメディア「DRESS CODE.」管理人の平岡雄太さん、灯台もと暮らし編集部のくいしんさんの3人にお話を伺いました。

最所:早速ですが、みなさん中目黒に住まわれてどのくらいなんですか?

堀口さん:僕はちょうど2年くらいですね。僕は埼玉出身なんですが、埼玉県民は一旦池袋を目指すので(笑)、池袋周辺で住みやすい落合南長崎に住んでいたんですね。でもあの辺って、わりと住宅街なのであんまり東京っぽくないじゃないですか。ゆくゆく結婚とかを考えたら、好きなところに住める期間って意外と短いから、好きなところに住みたいなと思って。

最所:一番住みたい街が中目黒だったんですね!

堀口さん:かっこいいイメージがあったのと、あとかっこよすぎるから逆に20代しか住めないような気がして。34、5歳になって中目黒には住み続けられないなって…。

くいしんさん:あーわかる!

最所:わかるんですか!?(笑)

くいしんさん:僕は前の職場が中目黒だったのと、実家が神奈川の方なので中目黒に住んでるんですが、32歳という自分の年齢を考えるとそろそろ別の街に引っ越したくて…。

平岡さん:中目黒ってちょっと若いイメージがありますもんね。遊ぶ場所も、いつまでも渋谷で遊ぶんじゃなくて、銀座もわかるようになるとかっこいいみたいな。

最所:え〜!全然考えたことなかったです…!じゃあ35歳超えた独身のお兄さんたちはどこに住むんだろう…。(笑)

くいしんさん:富ヶ谷とかいいなーと思いますけどね。

最所:あー!たしかに、奥渋あたりに住んでる人たち多いですよね。あと清澄白河とか蔵前あたりとか?

平岡さん:あの辺って禅の思想があるというか、削ぎ落とされてる感じがあって、まだ自分は住めないなと思いますね…。

最所:(禅の思想…!?)

堀口さん中目黒ってもっとミーハーだし、雑念があるよね。ミニマリストは中目黒に住まないだろうなって思う。あと、清澄白河あたりって交通の便が悪いんですよね。中目黒は渋谷にも近いし、東横線と日比谷線が使えて便利だし。

平岡さん::意外とスケーターが多かったり、ストリート文化もありますよね。

最所:あ〜、その辺がちょっと若いイメージにつながってるのかもですね。

平岡さん:あと、やっぱ安定感はありますよね。女の子とかに住んでるところを聞かれても、中目黒ならわかってもらえるじゃないですか。蔵前とか清澄って、最近でこそちょっと知名度上がってきたけど、まだ知らない人もいるし。ロゴマーク付きの服を買っちゃうみたいな感覚です。(笑)

最所:なるほど…!ということは、そんな安牌な中目黒を卒業して次に住む街を選ぶとき、その人の価値観が表れるわけですね〜!(笑)

2.男子がファッションに目覚めるタイミング。

▲ファッションメディア「DRESS CODE.」を運営する平岡さんに影響されてファッションに目覚めたという堀口さん。(キャプチャは「monograph」記事より)

くいしんさん:逆にお二人に聞きたいんですけど、おしゃれな街ってどこですか?

平岡さん:僕は最近、学芸大学とか好きですね。住む場所としてもそうだし、ちょっと飲みに行ったりとかでかける場所としても。

堀口さん:最近おしゃれになってきてるよね!おしゃれなコインランドリーができたりとか。あの通りってもともとCLASKAもあるし、ちょっと前におしゃれなカフェもできたし。

最所:買い物に行く場所はどの辺が多いですか?

平岡さん:う〜ん、どこに行くかなあ…?中目黒周辺か、あとは渋谷・新宿あたりとかですかね〜。

最所:あれ、意外と代官山とかはいかないんですね。中目黒から近いのに。

堀口さん:僕も中目黒周辺では買い物しますけど、代官山は行かないですね。代官山ってなんかバキバキな感じで。

最所:(代官山はバキバキ…?)

平岡さん代官山と中目黒ってひとくくりにされがちなんですが、全然雰囲気が違うんですよ。中目黒って昔ながらの商店街もあるし、けっこう下町な雰囲気もあって。でも、代官山の方にいくと急に超高級住宅街になるんですよね。お店の雰囲気もそういうところが多くて。

▲3人のトークをもとに作成した中目黒の簡易マップ。同じ中目黒でも、4つそれぞれカラーがまったく違うのだそう。

最所:たしかに、代官山ってファッション玄人な雰囲気がありますよね。くいしんさんも中目黒あたりで買い物したりしますか?

この続きをみるには

この続き:4,158文字/画像2枚
記事を購入する

「なんで、中目黒を選んだんですか?」中目黒男子のファッション事情。 #私たちの買い物白書

最所あさみ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、今後のnoteに生かすための経験や他のクリエイターさんたちへのサポートに回していきます!note内で優しい循環を回していきたい。

ありがとうございます!おかげさまで明日もnote更新がんばれます。
21

最所あさみ

余談的小売文化論

役にたつかどうかわからない余談のような話を中心に書いていきます。 主なトピックは小売や消費、店舗、そして文化について。 (Photo by tomoko morishige)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。