【私のおでかけ帖】異国情緒と下町風情が融合する街・錦糸町。(2017.7)

実際に行くかどうかはさておき、毎週末に私が行きたいなと思うおでかけくプランを勝手に発表するシリーズです。

過去シリーズ:【水曜更新】私のおでかけ帖

***

錦糸町といえば昔から外国人の居住者が多く、異国情緒を感じる本格的な多国籍料理も多い街。

最近では古民家をリノベーションしたカフェやアトリエなど、下町の情緒を残しつつ、今の感覚に合わせたハイセンスな場所も増えています。

そこで今回は、異国情緒と下町風情が融合する街・錦糸町のおでかけプランをご紹介します!

錦糸町らしい、多国籍な雰囲気を楽しむランチタイム。

(Photo by shake tree Facebook

shake tree
錦糸町でも人気が高いハンバーガー店。

特に人気メニューの「ワイルドアウト」は、パンの代わりにお肉で具材を挟むというフォトジェニックな一品!

肉々しいハンバーガーの中にはチェダーチーズやトマトが挟まっており、お肉とのハーモニーを引き立てています。

コシャリ屋コーピー
コシャリとは、エジプトの国民食と呼ばれる定番メニュー。

鉄分やビタミン、カリウムなどの成分も豊富で、栄養食としても注目されています。

本場では砂糖が使われていることの多いコシャリですが、コシャリ屋コーピーではノンシュガーで仕上げているのも嬉しいポイントです。

サイゴンマジェスティック
地元でも人気のベトナム料理専門店。

フォーや揚げ春巻きなどの定番メニューを、本格的な味付けで楽しむことができます。

曜日を問わず賑わっているお店なので、早めの時間帯に行くのがおすすめ。

小さな工房や体験可能なアトリエがひしめく錦糸町の街。

(Photo by すみだ江戸切子館 HP

すみだ江戸切子館
およそ350点もの江戸切子商品を展示・販売するすみだ江戸切子館では、好きなグラスに切子紋様を削る体験も可能!

1度に4名まで予約可能なので、友達と一緒にものづくり体験をしてみるのもおすすめです。

グラスをはじめ、様々な江戸切子のアイテムがあるので、贈り物選びにもぴったりのお店です。

硝子企画舎/プリズムプラス
工場をリノベーションして作られた硝子企画舎のアトリエでは、キルンワーク
と呼ばれるガラス製品づくりの体験ができます。

また、入り口には「プリズムプラス」と名付けられたガラス製品を中心としたギャラリースペースもあり、時期にあわせて様々な作家のアイテムを見ることができます。

涼しげなガラスのアイテムは、これからの季節にぴったりです。

カトリヤ 粉と雑貨
古き良き建物をリノベーションして作られた空間は、まるで時間が止まっているかのようなレトロな雰囲気。

店内には10種類ほどのマフィンを中心とした焼き菓子と共に、ハンドメイドアイテムやショップの雰囲気にあった器、雑貨が並んでいます。

手作りのお菓子を頬張って、ほっこりあたたかな気持ちになれるお店です。

和洋折衷のおしゃれなカフェが急増中の錦糸町エリア。

(Photo by towa mowa cafe HP

towa mowa cafe
外観も内装もまるで絵本から抜け出て来たようなかわいらしいカフェ。

バナナケーキやワッフルなどの優しいおやつやメロンフロートなどの懐かしいメニューが、おしゃれな器に入って提供されます。

ゆったりした時間を過ごしたいときにおすすめです。

北斎茶房
昔ながらの家屋をリノベーションした和モダンな古民家カフェ。

ボリュームたっぷりの甘味や抹茶を使った和スイーツを楽しむことができます。

この時期はお手製のかき氷も人気メニューのひとつです。

珈琲道場 侍
ロッキングチェアにゆらゆらと揺れながらコーヒータイムを楽しめるレトロな喫茶店。

「東京珈琲四天王」にも選ばれるほどコーヒーにこだわりのあるお店で、特に水出しアイスコーヒーは定番の人気メニュー。

コーヒーが抽出される様子を眺めながら、ゆっくり流れる時間を楽しむことができます。

ディナーは、ここでしか食べられない驚きのメニューを堪能しましょう!

(Photo by 醸造科オリゼー Facebook

醸造科オリゼー
契約農家さんによる野菜中心の料理と、こだわりの日本酒・ワインが楽しめる人気店。

オーナーさんが農大醸造科出身ということもあって、おつまみに発酵食品が多いのも特徴です。

ボリュームたっぷりなのに、1人5,000円程度で楽しめるコスパのよさも人気のポイント。

88ピザ部
淡路島の食材をふんだんに使って作られるピザやカレーを楽しめるお店。

「8」のつく日にはなんと1枚88円という破格の値段でピザを食べることができます!

おいしいピザを破格の値段で楽しめるのも下町の錦糸町らしさではないでしょうか。

とんつう
「今までなかったオリジナルの肉とかこう焼いた時だけ超おいしいけど失敗したら味しないとか、そんな肉を研究してったらいつの間にか複雑なメニューの集合体になってしまいました。」という振り切ったコメントをだすほど、焼き方やお肉の部位に並々ならぬこだわりをもつ玄人好みの焼肉店。

「スカイツリーハラミ」や「原始肉」など、ここでしか食べられないユニークなメニューが楽しめます。

焼き方にコツがいるメニューが多いので、肉にくわしい人といくのが重要!

この街で、着たい服。

下町をめいっぱい楽しむなら、ボーイッシュな中に女性らしいワンポイントを加えたカジュアルスタイルがおすすめ。

ストレートのチノパン&グレーTシャツというボーイッシュな装いも、透け感のあるワンピースコートを羽織れば女性らしいカジュアルスタイルに仕上がります。

さらにハンチングをプラスしてトレンド感も。

スカートを履くなら、カジュアル素材のペンシルスカートをチョイス。

下半身にボリュームがある分、Tシャツは体のラインがでやすいコンパクトなものがおすすめです。

ブラウスのセットアップは、上級者向けの遊び心あるコーディネート。

女性らしい丸襟ブラウスの抜け感が、作業着っぽくなりがちなカーキに上品さをプラスしています。

***

これまでおでかけ先としてはあまり注目されてこなかった錦糸町ですが、昔ながらの下町風情とリノベーションされたおしゃれスポットが入り混じり、年々魅力が高まっている街でもあります。

スカイツリーがある押上までも歩ける距離なので、お散歩がてら足を伸ばしてみるのもおすすめ。

異国情緒と下町風情が融合する街・錦糸町で、ぜひ新しい発見をしてみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、今後のnoteに生かすための経験や他のクリエイターさんたちへのサポートに回していきます!note内で優しい循環を回していきたい。

大吉!今日はとっても素敵な1日になるはず!
13

最所あさみ

【水曜更新】私のおでかけ帖

実際行くかどうかはさておき、毎週末私が行きたいエリアのお散歩プランを勝手に発表するシリーズです。たぶん水曜日更新。

コメント3件

錦糸町といえば千葉方面から行ける買い物には割と便利な街、そして飲み屋街というイメージしかなかったのですが、あえて休日を過ごしたくなりました!
なんて嬉しいコメントを〜〜〜〜😭
私も友達から「最近、錦糸町が進化してきてるよ!」と聞いて調べてみてイメージが変わりました!
硝子企画舎とtowa mowa cafeはけっこう真剣に行こうかなと思っています😎
この記事がmamegumiさんのおでかけのきっかけになれば幸いです〜〜〜!!!
錦糸町といえばVALUで活躍しているUZUさんのお店があるよ!おすすめよ
http://izakayauzu.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。