ノウハウを積極的に公開すべき理由

先週、私がモデレーターとして仕事をするときにやっているノウハウを公開した記事を書きました。

ありがたいことに読んだ方々から「勉強になった!」との声をいただき、公開してよかったなと思っています。

と当時に「ここまで公開していいの?」という声も今回にかぎらずよくいただくのですが、私はノウハウは惜しみなく提供してなんぼだと思っています。

それは単に人のためという話ではなく、自分がコツを言語化できるようになった時点で、そのノウハウは自分の中で陳腐化しているからです。

たとえそのノウハウを丸パクリされたとしても、言語化できている時点で自分はすでに次のフェーズにいる。

次のフェーズで『言語化できないコツ』を使って仕事をしているはずなのです。

逆に、人にノウハウを盗られまいとあえて言語化せずにいると、ずっとそのレベルに止まり続けることになります。

言語化するということは、一度自分の動きを意識することで自分の血肉にし、逆に意識せずとも動けるようになるための過程でもあります。

これが『人を教える方が成長する』ということの本当の意味だとも思います。

そして何より、ほとんどのことは教わっただけでできるほど簡単ではありません。

前述のモデレーターのノウハウ記事の中でも『こればっかりは場数の問題です笑』と書いた箇所がありますが、行為が自分の体に馴染むまでにはそれなりの時間を要します。

だからこそ、ノウハウを教えたところで自分の脅威にはなりづらいですし、ノウハウをもとに自分なりにアレンジして同じレベルまで駆け上がってくる人はほんの一握り。

そんなありもしない可能性に怯えて自分のノウハウを出し惜しみする方が、よっぽどもったいないことだと思います。

と、ここまで書いていたところで、クラシコムの青木さんからこんなコメントをいただきました。

『最強の営業資料』という表現にさすがだなと思わず唸ったのですが、たしかにノウハウを公開するということは、『私はここまでできる』というアピールでもあります。

実際、『ここまでやってくれるならお願いしたい』というコメントもいくつかいただきましたし、一度この記事で言語化できたことで、NewsPicks社内でもスムーズにコツを教えられるようになり『モデレーターなら最所さんに』というイメージが確立してきました。

ノウハウの共有は自分のためでもあると思ってこれ以外にもいろんなHOW TOを公開してきましたが、それが営業資料にもなるという発想はなかったので、たしかにこれは大きなメリットだよなと。

もちろんそのノウハウが本当に役立つことが前提ですが、『お金を払ってでも読みたい』と思われるようなレベルのものを書くことは、一石二鳥どころか三鳥、四鳥にもなるのではないかと思います。

ノウハウは出し惜しみせず、積極的に公開していく。

私が毎日こうして書いているnoteも、実は私が一番目に見えない恩恵を受けているよなあ、と思いながら、これからも積極的に自分が学んだことを発信していこうと改めて思ったのでした。

★noteの記事にする前のネタを、Twitterでつぶやいたりしています。

日々のコラムの最後に、普段は海外の小売トレンドのニュースや限定コラムを載せています。
月額マガジンの購読or単品での購入もできます。

今日は、昨晩公開されたGINZAでの新連載「  女がヒールで歩く日は〜私たちが服を買う理由」に関連して、なぜビジネスメディア以外では連載をもたないと公言してきた私がこのオファーを受けたのかについてお話します。

この続きをみるには

この続き:1,539文字
記事を購入する

ノウハウを積極的に公開すべき理由

最所あさみ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、今後のnoteに生かすための経験や他のクリエイターさんたちへのサポートに回していきます!note内で優しい循環を回していきたい。

ありがとうございます。おかげさまで明日もnote更新がんばれます!
167

最所あさみ

余談的小売文化論

役にたつかどうかわからない余談のような話を中心に書いていきます。 主なトピックは小売や消費、店舗、そして文化について。 (Photo by tomoko morishige)
6つのマガジンに含まれています