オバマ大統領との会見を経た、J.Coleの人種差別問題に対する考えを読む。(J.Cole - "High for Hours")

今回は、J.Coleがシングル発売した「High for Hours」を解読していきたいと思います。

J.Coleは、ノースカロライナ州のファイエットヴィル出身のラッパーであり、Kendrick Lamarなどと並ぶ、現代のコンシャスなラッパーの代表格です。

J.Coleの育ちは、ラッパーとしては、少し変わっています。出身地からしても、ニューヨークや、カリフォルニア、シカゴ、アトランタといった地域ではありませんし、生い立ちも、どちらかというと中流階級で、J.Cole以外は全員が白人のクラスに通ったりもしていましたし、大学にも進学しています。

その後、Jay-Zと契約し、ヒットを飛ばしながら、ユースの共感を集めていきます。また、その作品は、アルバムのリリース毎にコンシャスさが増して来ています。

そんなJ.Coleの「High for Hours」、ハイになったJ.Coleは、世界の暴力や、人種差別問題に考えを巡らせます。

その内容について、読んでいきたいと思います。

イントロ

This is called being high as shit, for hours
That's the name of this song, nigga
"High as Shit for Hours"
Here we go, yeah

【意訳】
これは、数時間、めっちゃハイになるっていう曲だ。
それが、この曲の名前さ。
「数時間、めっちゃハイ」。よし、行くぜ。

テーマはハイなときの思考ということですが、J.Coleは、過去にインタビューで大麻を吸うのを止めたと語っており、実際には、今は大麻を吸っていません。

1バース目

American hypocrisy, oh, let me count the ways
They came here seekin' freedom
Then they end up ownin' slaves
Justified it usin' Christianity which saves

【意訳】
アメリカの偽善行為を、俺が数えよう。
あいつらは、自由を求めて、この土地にやってきた。
そして、結局は奴隷のオーナーになったのさ。
奴隷制度を認めるキリスト教を使って、それを正当化した。

ヨーロッパから自由を求めて渡ってきた人たちを祖先に持つはずのアメリカ人が、他人の自由を奪う行為である奴隷制度を正当化して続けていたこと、そのためにキリスト教が用いられたこと、ここには宗教や善、正義といったものが、いかに建前として使われるかが表れています。

Religion don't mean shit, there's too much ego in the way
That's why ISIS is a crisis
But in reality this country do the same shit
Take a life and call it righteous

【意訳】
宗教には何の意味もない。そこには人間のエゴがありすぎるのさ。
だから、ISISだって危機的な状況なんだ。
だけど、現実には、この国だって同じことをしてる。
命を奪っておいて、それを正義だって呼んでる。

J.Coleは、人間が宗教を自分のエゴのために使っているに過ぎないことを看破しています。宗教は、奴隷制度を正当化したり、ISISのように戦争を繰り返す口実に利用されているのです。

また、過去のアメリカやISISが宗教を理由に人の権利を侵害していることだけでなく、今のアメリカ合衆国もまた、正義を理由に人殺しをしていると責めています。

Remember when Bin Laden got killed, supposedly?
In a hotel lobby after a show, was noticin'
These white ladies watchin' CNN, coverin' the action
They read the headline and then they all started clappin'
As if LeBron had just scored a basket at the buzzer

この続きをみるには

この続き:8,551文字
記事を購入する

オバマ大統領との会見を経た、J.Coleの人種差別問題に対する考えを読む。(J.Cole - "High for Hours")

洋楽ラップを10倍楽しむノート

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「洋楽ラップを10倍楽しむマガジン」を読んでいただき、ありがとうございます! フォローやSNSでのシェアなどしていただけると、励みになります!

ありがとうございます!励みになります!

洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

「アメリカのラップをもう一歩、深く理解して楽しみたい!」 そんな方にぴったりの定額マガジンです。 洋楽ラップの歌詞を解読したり、背景を解説するような記事を、月に3〜5本ほどのペースで更新していきます。 一緒に洋楽ラップを楽しんでみませんか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。