儲かろうが儲かるまいが、存在しているだけで運転資金が溶けていくのが企業。構造的な問題には速やかに対処しつつ、可能性のある分野には腰を据えて投資しなくてはならない。いずれにしても、右肩下がりの環境でのんべんだらりと過去の取組みを継続していたら、遅かれ早かれ茹でガエルになってしまう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

😙😙😙

廣野一誠

宮城県気仙沼市出身、1983年3月生まれ。PL学園・早稲田大学・日本IBM・ベンチャーを経て、2014年12月に帰郷。1850年創業の漁業資材販売店・アサヤ株式会社、地元産品を扱う通販サイト・気仙沼さん、観光商品開発を担うちょいのぞき気仙沼、の3本柱で活動しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録