超三流の文章術

恋に焦がれて鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす

鳴る神の少し響みてさし曇り雨も降らぬか君を留めむ

都々逸も短歌も文字数に決まりがある。日本人はこのリズムが好きなのだろう。

つまり、

読んで心地良いリズムで書け!

と、リズムいい感じで言うわけでもない今日の文章でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Reiya

【綴る、ただそれだけで。】 読者なんか想定せず、ジャンルなんか絞らず、文体なんか気にしない。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。