見出し画像

なんで私が東大に!?〜東大に入った3つの理由〜

そもそも「東大」ネタでnoteを書こうと思った理由

それはついさっきの出来事。

少し前に自分が書いた記事を見返してたらこんなコメントを発見した。

これは、ママ系メディアで自分の妊娠〜出産について書いた記事。たしかに記事の内容に「東大」は関係なかったのだが、おそらく編集部の方が私のプロフィール上最もキャッチーな「東大」というワードをタイトルにいれてくれたのだった。

※ちなみに画像のとおり、若干ディスられてるけど怒ったり悲しい気持ちは全くなく、むしろ1ナノメートルでも世間を(といっても一人w)ざわつかせられたのがうれしい。

とはいえ、「プロフィールください」と言われたときに「東大卒」というのを入れ続けてるのはそもそも自分。そしてなんだかんだキャッチーなのでこれからも入れ続けるだろう。

誰得だと思いつつも、たまに「なんで東大行こうと思ったの!?」と関心もってもらえることもあるので、この機会に整理してみる。

東大に入った3つの理由

【1】 NANAを読んだから
【2】貧乏だったから
【3】負けず嫌いの極みだったから

【1】NANAを読んだから

これを言うと「嘘でしょ!?」と言われることが多いけど、この理由(きっかけ)が自分の中では一番大きい。

言わずとしれた矢沢あいの伝説の少女マンガ「NANA」

中1のときに仲良くなった、当時から大人っぽかった友人に教えてもらってハマった。

洗練された登場人物たち、出てくるオシャレなファッションやレストラン、自由な一人暮らし(二人か)、楽しそうな恋愛模様...描かれてるすべてが田舎者だけどミーハーな自分に刺さりまくった。

そして、「東京に行けばこれが全部手に入るんだ!」と思った。

親戚や周りに「東京の人」がいなくて、逆にリアルな東京がわからなすぎて、こんな夢をみた。そして夢見心地なテンションで親に「大学は東京に行きたい!」と言ったら、「いいやん!おいしいもん買ってきてー」みたいな軽いノリで返された気がする。

【2】貧乏だったから

そんなこんなで「東京に行く」という夢を持った中1の私。雑誌「Zipper」や「CUTIE」も愛読するようになり、東京への憧れは強まるばかり。

高1くらいになると「東京の大学への進学」というのはリアルになり、親からもリアルなことを言われるようになった。

それは「私立の学校に進学させる余裕はないよ」ということ。

たしかに我が家は父に心の病があって安定した収入はなく、母はパートをしていたけど、弟も妹もいたので私にばかりお金をかける余裕はなかった。余談だけど、恥ずかしくて人に言ったことなかったけど、実家は水道が通ってなくて井戸水で、もちろんお湯はでないから実はシャワー使ったの大学生になって初めてですげー感動した。笑。

「東大にでも入ってくれるならいいけど、東京の私立に行かれてもお金は出せない」 ― 親的には諦めさせる一言だったかもしれないけど、これで火がついた。

【3】負けず嫌いだったから

上記の環境で火がついた私。「負けず嫌い」という性格も拍車をかけて「東大に行って絶対に見返してやる!」という気持ちでただひたすらに、がんばった。

(そのあたりのエピソードはこちらでも)

あとは、そもそも通っていた学校(智弁和歌山)が進学校で、周りの友達も京大や、医学部志望という環境だったことも後押しした。

テストの順位も露骨に出るような風潮だったので(どこもそうなのか?)、競争心が煽られ「どうせなら東大に!」という気持ちに自然となった気がする。

こうして「東京の大学に行きたい」気持ちは「東京大学に行きたい」に変わりました、と👏

(ガリ勉だったけど楽しんでたよ〜)

よくある質問

需要あるかわからないけど、東大トークの際によく聞かれる質問についてもついでに整理してみる。

目次
・東大入るのにめっちゃ勉強したでしょ?
・大学で何勉強したの?
・子供に東大入ってほしい?

東大入るのにめっちゃ勉強したでしょ?

これは声を大にして言えますが、めっちゃ勉強しました。

そもそも、智弁和歌山という学校自体が割と特殊で、東京では野球のイメージが強いと思うんですが、めちゃめちゃ勉強させる学校だった。1時間が70分で(長い)、夏休みも10日くらいしかない。

そんな中でもたぶん私は結構勉強してた方で(自分で言うw)、朝5時半くらいに起きて6時半の電車乗って8時前には学校につき(そもそも田舎なので30分に1本しか電車がない)、始業前に宿題とか予習して、授業中もあまり寝ず(中2のときだけは寝るのがかっこいいと思ってたから寝てた)、放課後は部活だったから勉強できなかったけど、引退してからは毎日18時(学校が閉まるぎりぎり)まで図書館で勉強する、という生活。

こう書くと、めっちゃ引くぐらいガリ勉やなって思うけど、そもそも「和歌山」という田舎では、寄り道コンテンツもほぼなく、周りの友達もみんなこんな感じだったから、そこまで自分だけ「勉強してる!」感はなかったようにも感じる。

けど手帳にやることリスト書いて、逆算思考で受験の1年前に赤本解いて「自分ここ足りてないな」と気づいた課題をひたすらつぶす、的なことやってたなぁ...職員室に結構質問しに行ってたし...

やべーこの精神、もっと仕事に活かそう。笑

大学で何勉強したの?

これもよく聞かれるのですが...大学入ってからほんとうに勉強しなかったんですよね...😂

上記の通り、ガリ勉の極みをつくして大学に入学したわけなのに。夢に見た東京、そして初めての一人暮らしがあまりにも楽しくて。

制限されまくりの中高時代と違って全て自由。そして4年間続けたダンスサークルとスタバのバイトがどちらも週3〜4で活動してたので、なんとなくサークルとバイトしてたら気づいたら4年間終わってた。

(なんだかんだ今でも年1で旅行に行くサークル同期)

文学部にいましたが、理系と違って実験はないし、法学部や経済学部ほど単位に厳しくないし。どちらかというと教授たちも、研究する気のない学生に下手に留年されて居座られても困る、的なテンションだったのでとりあえずレポートを期日までに出したら単位くれる、って感じだったし。

留学とかインターンとか1mmも考えず、その場その場で楽しんでたらいつの間にか終わっていた大学生活wwww

「頑張って入ったのにもったいない!」説はもっともだし、留学くらいしとけば良かったなーと思わなくもないけど、こんなに自由を謳歌できるの経験も貴重だと思うのでそんなに後悔はしていない。

そもそも、自分の意志で「東大に行く!」と決めて東大に入ったのだから、自分すごいやん!と割と地で思っているw(文春にたとえ「東大までの人」と書かれてもね!!)

子供に東大入ってほしい?

これもよく聞かれるんですが...正直どっちでもいい。笑

私的には上記のとおり、「自分の意志で決めたことを自分でやり遂げる」経験に意味があったと思うから、子供にも自分で決めてほしい。

ただ、「上京」という経験は自分的に結構エポックメイキングで、今の自分のハングリー精神のルーツでもあると思うから、もう東京で生まれ育ってしまってる子供には(千葉だけど)「上京」という体験をさせてあげられないんだな〜〜というのはちょっとあああって感じ。

まぁ、けど留学でも何でも自分の意志で決めてがんばってくれ!

まとめ

軽い気持ちで書き始めたら、ちょっと(かなり?)長くなってしまった。

そして、まとまってない気もするけど推敲する気力がないしこの気持ちのまま公開したいのでもうボタンを押すことにする。

これからもほどよく東大卒を使ってディスられながら生きていこうという決意を固くしたできごとでした!ざわつかせるぞ〜

これこそ全然東大関係ないけど、朝型生活について朝時間さんに寄稿したので良かったら読んで下さいw


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧いただきありがとうございます!調子の良い不器用な人間が、自分の言葉で生きることだけは続けようと書き綴っています。素直さだけが取り柄なので単刀直入に、サポートいただければすっごく嬉しいです!

ありがとうございます!大好きです!
17

平 理沙子

noteはだいたいポジショントークです!広報&ライター/27歳&娘4歳/智弁和歌山→東京大学/自由を愛するみずがめ座/地方創生や女性進出に興味/

コメント4件

りーちゃんのこと、勝手にお嬢様なんかと思ってた!!!すごい頑張ったんやね✨✨
え!まじで!!ブランディングいえーい!
やっTER
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。