判決へのコメント

この度の裁判では、池田氏が「子宮頸がんワクチンを打っていないマウス1匹」の実験結果をもって、子宮頸がんワクチンに関するフェイクニュースを流布したという事実に関わらず、「N=1とは知らなかった」「捏造ではなく他の研究者の実験結果の引用」などとする原告の言い訳を受け入れ、公共性と科学を無視した判決が下されたことを残念に思います。

 I am very sorry to see Tokyo district court ignored science and a public interest, accepted the plaintiff’s excuses such as Ikeda didn’t know it was the result of only one mouse or it was not a fabrication but just a quotation of other researcher’s data, and decided a case regardless of the fact Ikeda spread fake news of HPV vaccines based on the result of “a single-mouse (N=1)” experiment. The brain section of the mouse he showed was even not of the vaccinated mouse.

広辞苑で「捏造」は「事実でないことを事実のようにこしらえること」とあります。池田氏は、ワクチンを打っていないマウスの脳切片を示しながら、N=1の実験結果に基づき、「子宮頸がんワクチンを打ったマウスの脳だけに異常な自己抗体が沈着」などと発表しました。しかし、子宮頸がんワクチンを接種したマウスの脳だけに異常が起きたという事実はありません。

In “Kojien”, the largest Japanese dictionary, “fabrication” is defined “to make up a fact that doesn’t exist as if it exists”. Ikeda said “Deposition of abnormal auto-antibody was observed only with the brain section of the mice vaccinated with the HPV vaccines”, showing a brain section of the mouse not vaccinate. But there is no fact that mice vaccinated with the HPV vaccines showed abnormalities in the brain.

裁判を起こされてからの2年半というもの、わたしのプライバシーは脅かされ、執筆活動はとても厳しいものとなりました。2017年、わたしは誹謗中傷や裁判制度を利用した攻撃にあいながらも公共の利益に資するサイエンスを広げたとして、「ネイチャー」誌等の主催するジョン・マドックス賞を受賞しましたが、その後も大きく状況は変わりませんでした。国を訴え、存在の証明されない薬害を主張し、ワクチンを憎む人たちの、「私の筆を折る」という目的は、十二分に達せられたと言えるでしょう。

For more than two and a half years since this lawsuit was filed, my privacy was threatened, and my life as a journalist became extremely difficult. In 2017, I was awarded the John Maddox Prize, commemorating the name of the Editor-in-Chief of “Nature”, for promoting sound science regardless of difficulties, hostilities and a legal attack. However, the situation continued to be the same. Those who hate the vaccines and sue the government, claiming the drug-injury that is never proven, succeed in silencing me, and also science.

その間、池田氏の発表を見てワクチン接種を控えた人たちは、ワクチンで守れたはずの命や健康を守るチャンスを失いました。池田氏の発表を見てワクチン被害を信じた女性たちも、体調不良の本当の原因を受け入れ、適切な治療を受けるチャンスを奪われました。池田氏の広めた、子宮頸がんワクチンがマウスに脳障害を起こしたというメッセージが、日本人女性の命と健康に与えた損害は計り知れません。

Watching Ikeda’s shocking presentation on TV, the women who decided not to vaccinate lost the chance to protect their life and health. The women who believed in the drug-injury lost the chance to accept the real cause of their symptoms and to receive their chance to recover. The negative impact of Ikeda’s massage that the HPV vaccine caused the damage to the brain of the mice is enormous,

今日の判決は、ワクチンの安全性とは一切関係がありません。池田氏の研究者としての質を証明するものでも、他の研究や論文の信頼性を保証するものでもありせん。メディアには、今日の判決が、科学不正を子宮頸がんワクチンをめぐるフェイクニュースの拡散を助長することに使われぬよう、また科学的に正しい言論を委縮させるものとなることのないよう、社会正義と公共性に基づく報道を強く望みます。

This decision has nothing to do with the safety of the HPV vaccines. It doesn’t assure the quality of Ikeda as a scientist, or prove the quality of his other studies either. When reporting this decision, I ask the media to deliver a correct message to the society, reflecting social justice and public interest, and also to prevent this decision is use to promote scientific misconduct and to spread fake news regarding the HPV vaccines, and also to silence scientific speech

支援してくださった読者の皆さま、医師・研究者、メディア関係者の皆さま、この2年半は孤独なようでいて、世界中にたくさんの友人や仲間のできたかけがえのない時間でもありました。心より御礼申しあげます。

For those readers, doctors, scientists, journalists who supported me, these two and a half years were not a lonely time, but the fruitful time to make new friends all over the world. I thank you all for your support.

2019年3月26日 
村中璃子

2019.3.26
Riko Muranaka

この続きをみるには

この続き:0文字
記事を購入する

判決へのコメント

村中璃子 Riko Muranaka

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

正しい情報発信を続けていかれるよう、記事の購読・サポートで応援してください。

スキありがとうございます!
45

文系女医の書いて、思うこと。【応援用】

noteで発表していく私の記事がぜんぶ読めるマガジンです。継続的に執筆をサポートしてくださるという方向けです。メディア記事には書かない、執筆の舞台裏エピソードを織り交ぜつつ、医学・科学の問題について書いていきます。回し読み・引用をしたい方は「文系女医の書いて、思うこと。【法...
3つのマガジンに含まれています